最新号・
バックナンバー

No.439

コロナ禍、医療崩壊と再生

新型コロナに感染、重症化しても治療を受けられない。2020年コロナ禍の発生以来、私たちは医療崩壊の現実にくり返し直面、実感してきた。その大きな原因は「医師不足」と「公立・公的病院の不足」であるという。
病院勤務医の約4割の人は過労死ラインを超え勤務している。日本 の人口あたりの医師数をOECD 平均のレベルにするには10万人以上の増員が必要となっている。また、コロナ禍で最も多くの病床を確保してきた公立・公的病院は、日本ではわずか20%しかない(ドイツやフランスは50%以上)。なのに、公立・公的病院の統廃合、独立行政法人化(実質的には民営化)が進められようとしている。
医療再生の道を探るため、ジャーナリストの和田秀子さんによる医療崩壊の現場取材レポートを紹介。植山直人さん(「全国医師ユニオン」代表)に「医師の不足と“超” 長時間労働」について、本田宏さん(NPO法人「医療制度研究会」副理事長)に「日本の医療、再公営化の必要性」について聞いた。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー ミューズ / マット・ベラミー
英国を代表するロックバンドとして不動の人気を集め続けるミューズ。ボーカルのマット・ベラミーは、故郷の英国を離れたまま、コロナ禍で長期にわたり米国に滞在。2021年1月6日、米国連邦議会議事堂が2000人以上もの群衆によって襲撃された際には、ロサンゼルスの自宅で騒動の行方を見守っていました。折りしも9枚目のアルバム作りに取りかかったところで、この滞在経験が最新アルバムに結びつき、後のビッグイシューとのコラボレーションにもつながったと語ります。
リレーインタビュー・私の分岐点柳美里さん
2019年『Tokyo Ueno Station(JR上野駅公園口)』が全米図書賞を受賞するなど、世界的な活躍を続ける作家の柳美里さん。人生の分岐点となったのは2011年3月11日の東日本大震災。福島に通うようになった柳さんが移住を決意した、そのわけとは?

国際記事

ロシア、草原を再生し気候変動に抗う、自然保護区の挑戦
かつては草原が広がっていたというシベリアでは、永久凍土が解け始め、大量の二酸化炭素が発生、温暖化の進行を促進しています。この地で保護区を管理するジモフ親子は「さまざまな種類の草食動物を増やす」という意外な方法で、問題の解決に取り組んでいます。
WORLD STREET NEWS 世界短信

国内記事

表現する人:おりぐちだい さん
カワイイけど意外とリアルな「封筒魚」

連載記事

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
今ほしい、金の凧と銀の風
コミック マムアンちゃん
ウィスット・ポンニミット
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
食べきれないほどお菓子を買います ☆ポテチサラダ☆
フードバンク関西、コロナ禍で子育て世代の直接依頼が増加
コロナ禍の2年半、20年にわたって“食支援”を続けてきた「フードバンク関西」の活動にはどのような変化があったのでしょうか。また物価高騰が暮らしを直撃している今、どのような声が届いているのか。代表理事の中島眞紀さんに話を聞きました。
池内了の市民科学メガネ
熱中症と低体温症

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『コロナ禍 』に関連したバックナンバー

『浜矩子 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る