最新号・
バックナンバー

No.420

戦争を克服する――ゲスト編集長 池内了

為政者たちがコロナ禍を戦争に譬え、相変わらず軍事力増強に走っています。あたかも、ファントム戦闘機が目に見えないウイルスをやっつけられるかのように。
コロナウイルスは人類にさまざまな警告を発しています。資本主義がもたらす矛盾、飽くなき自然の開発、学術芸術への公的予算の貧困などなど。
AIやロボット兵器や電磁波攻撃など、戦争を凄惨なものにする技術は果てしなく拡大しています。あたかも人類は殺し合うことに熱中し、「野蛮」の道を歩み続けているかのようです。
しかし、人々は平和を求めて抗い続けます。戦争が終わっても戦争は終わりません。過去に負った戦争の傷あとが、かつての人間の所業を告発し続けます。殺し合いのない世界を求める隊列は途切れません。
その思いは人々の共通の願いとなって、戦争の虚しさ、軍備拡張の愚かしさを抉り出します。
武器のない世界に向かって歩み続けましょう。そのことが人類全体の確信となり、「文明」の力となって地球を包み込むでしょう。私たちはこのことに自信を持っていいのです。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー クイーン ロジャー・テイラー
1971年の結成から今年で50周年を迎えた英ロックバンド・クイーンのロジャー・テイラー。半世紀以上ドラムを叩き続け、「RADIO GA GA」や「カインド・オブ・マジック」などを作曲、ソロ活動でもその名を馳せてきました。バンド結成からフレディの死、映画〝ボヘラプ〞公開まで、72年の人生を振り返ります。
リレーインタビュー・私の分岐点K-PRO代表 児島気奈さん
すべてを捧げ、お笑いライブ。震災で見直し、趣味を"仕事"に変えた

国際記事

フランス、生命が尽きる前、痛みに苦しむ人たちのそばへ
写真家ジェレミー・ランパンが被写体とするのは、患者の心に安らぎをもたらす類まれな医者です。フランス北部のカレー総合病院にやって来た「Dr. Peyo」の“診療”とは?
WORLD STREET NEWS 世界短信

国内記事

『偶然と想像』濱口竜介 監督
『ドライブ・マイ・カー』が2021年のカンヌ映画祭で4冠を獲得、そして、この12月に公開となる『偶然と想像』がベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞するなど、世界でも大きな注目を集めている濱口竜介監督。本作は濱口監督が「今後、ライフワークとしたい」と挑戦した初の短編集で、「偶然」をテーマにした3作からなります。作品に込めた思いや、撮影時の知られざるエピソードを監督に聞きました。

連載記事

原発ウォッチ!
「MOX燃料」を英仏で再処理、日本へ
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
中央銀行デジタル通貨の世界に大突入?!
雨宮処凛の活動日誌
コロナ禍、二度目の年末年始を前にして
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
「怒」と「哀」が欠けている気がします ☆芋もちと鶏肉の照り煮☆

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『ゲスト編集長 』に関連したバックナンバー

『戦争 』に関連したバックナンバー

『エッセイ 』に関連したバックナンバー

『映画 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る