最新号・
バックナンバー

No.472

マンガで、社会の問題を読む

文学作品に比べ、マンガは単なる暇つぶしと思われている節があります。
しかし、20代の終わりに大学院で研究テーマを近現代文学からマンガに変更、その後15年近くマンガを読み続けてきたトミヤマユキコさん(東北芸術工科大学芸術学部准教授)は「マンガがくれる感動や発見が文学に劣るということはない。マンガを人生の参考書にしないなんてもったいない!」と言います。また「マンガの読み筋は決して一つではない」として、著書では10代の悩みや女性の労働を切り口にマンガ作品を紹介しています。
トミヤマさんに、労働問題や社会の問題という視点から、読んでおもしろく興味深いマンガ作品の紹介をお願いしました。
今、多くの若い才能が集中し、多岐にわたるマンガ作品が生まれる日本で、マンガを多角的な視点から読む魅力に迫ります。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー スペシャルインタビュー:サヘル・ローズ
表現者として演技の世界やメディアで活躍するとともに、児童養護施設の支援や人権問題などに取り組んできたサヘル・ローズさん。 イラン出身である自らのアイデンティティに思い悩みつつも、心の自立を求めて、世界各地の難民キャンプや支援施設を積極的に訪ねてきました。そして今、5年にわたる心境の変化と、平和への思いを語ります。
リレーインタビュー・私の分岐点白馬村長 丸山俊郎さん
家業を離れて上京、オーストラリアにも。 世界からお客が来る旅館に

国際記事

路上生活を解消する、小さな一戸建てコミュニティ
ホームレス問題を解決するため、路上生活を送る人々に魅力的な極小住宅を提供している、カナダ・フレデリクトン市の「トゥエルブ・ネイバーズ」プロジェクト。 発起人のマルセル・ルブランと住民代表のアルが、現地のストリートペーパー『リティネレール』誌の記者を連れ、この新しいコミュニティを案内しました。
WORLD STREET NEWS 世界短信

国内記事

今、縄文の森へと回帰。冬でも緑の大文字山
「京都五山送り火」の一つ、「大」の字の火床があることでも知られる大文字山(標高466m)は、慈照寺・銀閣の借景でもある如意ヶ岳の西部分に広がります。この大文字山の森を「森 の案内人」三浦豊さんと歩き、人々の生活の変化がもたらした森の風景の移り変わりについて聞きました。
香山リカ
むかわ町穂別診療所の四季・冬 大きなエゾシカ

連載記事

原発ウォッチ!
能登半島地震 ずれた150kmの断層
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
好循環はいつまでも好循環なのか
雨宮処凛の活動日誌
コロナ5類移行後、初めての年末年始
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
知人に誘われたジムをやめたい☆ 水餃子鍋 ☆
生存の危機まで追い詰められ、ホームレス化する仮放免者
大澤優真さん
FROM EDITORIAL 編集後記

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『三浦豊 』に関連したバックナンバー

『香山リカ 』に関連したバックナンバー

『大澤優真 』に関連したバックナンバー

『難民 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る