最新号・
バックナンバー

No.126

爆めし礼賛、ごはんを復権する

2007年、日本人は主食のお米を1日に約168グラム(1・1合)しか食べなくなった。これは1960(昭和35)年の米消費量の約半分にすぎず、短期間にこれほど食生活が変化した国はないといわれる。 今、世界的な人口増加と食料不足が予測される中、日本では1955年を境に、食卓から伝統的な食事が姿を消し、生活習慣病が増え、さらに食料自給率も4割と低下した。 そこで、食欲の秋を前に、ごはんを楽しみながら、お米の復権について考えたい。 まずは、料理研究家の枝元なほみさんに、ご飯が主役の簡単レシピ「爆めし」をつくってもらった。また、伝統的な穀類中心の「素食」を提唱する幕内秀夫さんからエッセイ「きれいと元気をつくるごはん」が届いた。 さらに、米作りの現場を取材。九州・南阿蘇の大津耕太・愛梨さん、栃木県の粂川米子さん、「ぶった農産」の佛田利弘さんに、お米と農業の話を聞いた。ビッグイシュー「食」の第3弾!

野蛮な力強さも、ときには必要なんじゃないかしら
― 枝元なほみさんの"爆めし"

(エッセイ)きれいと元気をつくるごはん
― 幕内秀夫さん

メシ食べ放題!"お米つき住宅"ができたらいいね
― 大津耕太・愛梨さん

稲の花が咲くとき、「日がよく照って、風よ、吹かないで」と祈る
― 粂川米子さん

米作りを支え、新規就農を可能にする、新しい資金調達のしくみ
― 「ぶった農産」佛田利弘さん

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー ディック・ブルーナ
リレーインタビュー・私の分岐点歌人 穂村 弘さん
僕の中で「健康で散歩ができればいい」「宇宙人が出現すればいい」というリアリティが同時に存在している

国際記事

『ビッグイシュー日本版』創刊6周年へのメッセージ
ホームレス・ワールドカップ(5) いよいよ9月6日ミラノ大会へ
無実の罪で36年服役、アフリカ系アメリカ人、ハーマン・ベルの半生
 
WORLD STREET NEWS 世界短信
*台湾、核廃棄物処分場建設に厳重民族が抗議
*グアテマラ、犯罪放置、無処罰続く
*インド、タタ自動車へ巨額の政府補助金
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
密猟者を追う、ブラッドハウンドとハンドラーの「追跡犬ユニット」

BACKBEAT(映画・音楽)

ART 小林 煌 CD レビュー 浅井 博章 伝説のビジュアル系バンドのカリスマがついに覚醒 ― Morrie(DEAD END) テレビうらおもて 伊藤 悟 練り上げられた構成の妙「桑田佳祐の音楽寅さん」 ひぐらし本暮らし 岡崎 武志 『あなたに不利な証拠として』ローリー・リン・ドラモンド

連載記事

ストリート・エコノミックス ― 浜 矩子
噂の怖さ ― 流言飛語に揺れるオバマ氏の医療制度改革
世界の当事者になる 雨宮 処凛
選挙の結果は・・・・・・
■ホームレス人生相談 しつけと虐待の差って何ですか?
スーパーで買い物途中、3歳になる子どもがお菓子を買ってくれと駄々をこね始め、しまいには大声で泣き出してしまい、思わずその場で手をあげてしまいました。その後、こんなご時世ですから、周囲から虐待ではないかと誤解を受けたらどうしようと、気をもんでいます。しつけと虐待の差って、何だろうと思いますか?(主婦/30歳)
ビッグイシュー・アイ(1)
美術作家 やなぎみわさん

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

メールで更新通知を受け取る