最新号・
バックナンバー

No.258

5年目のふくしま

春、福島県双葉郡富岡町にピンクの長いトンネルができる。夜の森の桜並木。天明の飢饉(1782-1788)のあとに人の姿は消え、松の木が3本あるだけの原野だったこの地に移り住み、開拓して理想の村づくりを目指した半谷清壽が1901年(明治34)に植えた。その後、地域の人々に受け継がれ、今では約2.5㎞の両側に230本ほどのソメイヨシノが立ち並んでいる。
2011年、東京電力の福島第一原発で事故が起き、富岡町も全町避難を余儀なくされた。桜並木は原発から約7km。間もなく桜の時期が訪れ、多くの人が人知れず咲いているであろう並木を思った。事故から4年が経つ今も、大部分は人の出入りを原則禁止するバリケードのなかにある。
並木の一部がある地域は一昨年から、昼間だけ自由に行き来できるようになった。けれど線量は高く、桜の時期には「車中から眺めるように」と、注意を促す看板が立てられる。それでも、ふるさとの自慢の桜並木の下に立ちたいのだろう。少なからぬ人がゆっくり桜のトンネルを歩き、静かに再会を喜び合う。
避難生活はまだまだ続きそう。でも故郷では桜並木が毎年、ひたむきに花を咲かせながら、どっしり腰をすえて留守をまもっている。2月にバリケード内側の桜並木の除染が始まった。いつ、その下を歩けるようになるのかわからないが、事故から5年目のささやかな希望に思えてならない。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー 三浦貴大
リレーインタビュー・私の分岐点芸人 渡辺 直美さん
どん底の時期を思い浮かべればゼロからまた始められる

国際記事

英国、レストラン「コートハウス」の挑戦
基本姿勢は「優れたビジネス」。「DCセントラル・キッチン」の25年
米国の路上と貧困 岩田太郎
元ホームレスとごみ屋敷
"Paint For Peace"。ファーガソン、少年が射殺された街にあふれるアート
WORLD STREET NEWS 世界短信
中国、1500万人の利用者 ゲイ男性が始めたデートアプリ
通貨暴落のベネズエラ、村の生存をかけた魚の密輸
米国、クラウドファンディングはホームレスの人々を救えるか?
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
"平和に生きること"というコンセプト

BACKBEAT(映画・音楽)

毎日が音楽 浅井 博章
大物アーティスト 来日公演続々!

監督インタビュー
『ダム・キーパー』 堤大介監督

テレビうらおもて 伊藤 悟
殺されたくない、殺したくない

ひぐらし本暮らし 岡崎 武志
『私のプリニウス』澁澤龍彦

COOKING 枝元なほみ
新玉ねぎのピクルス

連載記事

原発ウォッチ! 伴 英幸
再稼動を前提にする“エネルギーミックス”
自閉症の僕が「生きていく風景」 対話編47
母は、僕に障害があることがわかった時、自分の好きなように育てようと決めた
ストリート・エコノミックス 浜 矩子
がんばる者しか報われなくていいのか
世界の当事者になる 雨宮処凛
まだ見ぬ誰かへのラブレター
☆ホームレス人生相談
異常に高いエンゲル係数、どうしたら下げられますか?(20歳/男性/学生)

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『被災地 』に関連したバックナンバー

『原子力発電 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る