販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

イタリア・南チロル『zebra.』販売者 ローレンス・オディオン

フランスに住んでいる娘に会いに行きたい。
昨年できなかったことを実現できる1年に

イタリア・南チロル『zebra.』販売者 ローレンス・オディオン

第一次世界大戦後にオーストリアから分離し、イタリア領となった南チロル。ドイツ系住民が多いため、この地のストリート・マガジン『zebra.』も主にドイツ語で書かれた雑誌だ。6年前に創刊し、販売者はアフリカなどからの移民が多くを占める。コロナ禍による都市封鎖の時は路上販売の中止を余儀なくされ、販売できない雑誌が山積みになったという。
 販売者の一人、ローレンス・オディオン(26歳)は2020年を振り返ってこう語る。「本当に動揺しましたね。金銭的にも精神的にも悩みは尽きませんでした。1回目の都市封鎖の時(3月9日~5月11日)は家にいなければならないことが本当に苦痛で、頭の中ではさまざまな思いが駆けめぐり、神経を消耗しました」
『zebra.』スタッフのパトリシア・インザムは言う。「経済的なダメージとともに、社会的な打撃も大きいものでした。仕事を見つけて卒業した元販売者がパンデミックのせいでまた...

続きは、本誌をご覧ください

Text:Christy Carley, Real Change/INSP/八鍬加容子

(雑誌情報)
『zebra.(ゼブラ)』 
1冊の値段/3ユーロ(そのうち1.5ユーロが販売者の収入に)
発行頻度/毎月
販売場所/ボルツァーノ自治県の各都市

(写真キャプション&クレジット)
ナイジェリア出身のローレンス・オディオン
Photo: Courtesy of zebra.

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧