今月の人

ビッグイシュー日本版で連載中の『from the street 今月の人』。 毎号各地の『ビッグイシュー日本版』販売者や、世界のストリートペーパー販売者が登場します。

『ビッグイシュー日本版』創刊当初より、販売者の顔が見えると一番人気の連載。
Webではその一部をご覧いただけます。バックナンバーは販売者から購入いただけます。

販売場所を見る
第361号 掲載

嬴政さん

毎号買ってくれる人たちの存在が励み。周りに何を言われても後悔しない生き方をしたい

続きを読む

第360号 掲載

『ビッグイシュー 韓国版』販売者 イム・サンチョル

常連客への手紙52通が書籍化 書くことで過去に向き合い、人生を受け入れられた

続きを読む

第359号 掲載

Nさん

日々の生活が記憶に残らないほど普通であることのありがたみ、今は実感。

続きを読む

第358号 掲載

スウェーデン『ファクトゥム』販売者 カルロス・ピサロ

軍事政権下、目の前で家族が射殺される 亡命、拷問、薬物依存、がん――出会った人たちが生きたいと思わせてくれた

続きを読む

第357号 掲載

カナダ『リティネレール』販売者 ヤニック

45歳の今、性別適合手術を決心。男性として生きることを心待ちにしている

続きを読む

第356号 掲載

浜岡さん

今はただ、ビッグイシューで働くことが楽しくて仕方ない。 だから、がんばって売り続ける

続きを読む

第355号 掲載

米国・シアトル『リアル・チェンジ』販売者 ブライアント・カーリン

15歳の時から写真を撮り続けてきた。販売中の出会いをきっかけにフォトグラファーとしてNPOに加わる

続きを読む

第354号 掲載

米国・ポートランド 『ストリート・ルーツ』販売者 ジェイソン・シアー

凍傷で指を失うも「愚痴は言わない」 双極性障害の治療、恋人との同棲で安定した日々を送れるようになった

続きを読む

第353号 掲載

『ビッグイシュー・オーストラリア』販売者(メルボルン) シェリル

女性ホームレスとして、毎日怖い思い。「孫ができる」の知らせで、ヘロインを断てた

続きを読む

第352号 掲載

山本新一さん

お客さんとの交流が楽しくなって、4年半も続いた ガラケーで常連客と連絡、SNSで交流も

続きを読む