今月の人

ビッグイシュー日本版で連載中の『from the street 今月の人』。 毎号各地の『ビッグイシュー日本版』販売者や、世界のストリートペーパー販売者が登場します。

『ビッグイシュー日本版』創刊当初より、販売者の顔が見えると一番人気の連載。
Webではその一部をご覧いただけます。バックナンバーは販売者から購入いただけます。

販売場所を見る
第319号 掲載

Kさん

誕生月の9月に、「今月の人」に出ると決意。 50歳までの人生はあかんかったかもしれへんけど、 後半生は今までとは違うものにしたいなぁ思うてます

続きを読む

第318号 掲載

吉富卓爾さん

この雑誌を売っていると、自分は生きているぞ!という証明になるような気がしている

続きを読む

第317号 掲載

オーストリア、『アウグスティーン』販売者 チオマ

ナイジェリアから呼び寄せた娘は 来年、ギムナジウムを卒業予定。 この仕事のおかげで、オーストリア人の友人ができた

続きを読む

第316号 掲載

『リアル・チェンジ』販売者 ヴァレリー・ウィリアムズ

有償インターンとして、仲間たちにアドバイス。 リアル・チェンジは販売者を育てる村のようなもの

続きを読む

第315号 掲載

英国『ビッグイシュー・ノース』販売者 エイドリアン

ルーマニアで祖父母と暮らす、4人の子どもたち 「私の人生は、家族のためにある」

続きを読む

第314号 掲載

『ビッグイシュー オーストラリア』販売者ブルーイ

無差別殺傷事件に巻き込まれ、PTSDに苦しむ 販売は正直きついが、人生は100%よくなった

続きを読む

第313号 掲載

ドイツ・ハンブルク『ヒンツ&クンツ』販売者 ライナー

さまざまな職業を転々とした 今、貯金して小ボートを購入するのが夢

続きを読む

第312号 掲載

米国・テネシー州ナッシュビル、『コントリビューター』販売者ヴィッキー

元夫のカルト入信、がんの再発、トレーラー暮らし…… すべての経験を通し、あきらめないことを学んだ

続きを読む

第311号 掲載

オーストリア・ウィーン『アウグスティーン』誌販売者 フランシス・ディメ

母国ナイジェリアで大学講師になるのが夢だった。 今、大学院で社会学を学ぶ

続きを読む

第310号 掲載

英国、『ビッグイシュー』販売者 ダニエル・コリンズ

路上の経験を詩につづる 創作時間は、仕事に向かうバスの中

続きを読む