今月の人

ビッグイシュー日本版で連載中の『from the street 今月の人』。 毎号各地の『ビッグイシュー日本版』販売者や、世界のストリートペーパー販売者が登場します。

『ビッグイシュー日本版』創刊当初より、販売者の顔が見えると一番人気の連載。
Webではその一部をご覧いただけます。バックナンバーは販売者から購入いただけます。

販売場所を見る
第373号 掲載

松井潜介さん

いま活かされている、書道や浄瑠璃の経験 もっとプロらしい販売者になりたい

続きを読む

第372号 掲載

米国・ナッシュビル『コントリビューター』販売者 ポール・A

本来あるべき姿で、人生をやり直すには時間がかかる。その過程に辛抱強くつき合い、理解を示してもらえたら

続きを読む

第371号 掲載

『アイルランド・ビッグイシュー』販売者 ローザ

幼い頃から受け続けた、ロマのルーツに対する差別 難病で視力喪失、盲導犬と暮らす日々。お客さんの前向きな言葉や好意に力が沸く

続きを読む

第370号 掲載

ドイツ『トロット・ヴァー』販売者 エマニュエル・バラノフスキー

東ドイツから西ドイツに望みを託して移住。視覚障害、依存症、心臓手術、借金を乗り越え、今はこの自分に満足している

続きを読む

第369号 掲載

『ビッグイシュー・オーストラリア』販売者 ケイラ

8歳の時に脳腫瘍を摘出、車椅子生活に。販売者として人目に触れることで、車椅子の大変さに関心を持ってもらえる

続きを読む

第368号 掲載

Kさん

売れた時の、得体のしれない感動。社会貢献できる飲食店をするのが秘かな夢

続きを読む

第367号 掲載

オーストリア・ザルツブルク『アプロポ』販売者 ソニア・ストックハマー

自然や動物が好き。野外で立ち続ける仕事、性に合っている 雑誌販売も人生も、小さなことから始めるとうまくいく

続きを読む

第366号 掲載

カナダ『リティネレール』販売者 リンダ・ペレティア

虐待を受けていた幼少期、自分を醜いと思っていた書くことで苦しみを外に出し、「今の自分は美しい」

続きを読む

第365号 掲載

米国・ポートランド『ストリート・ルーツ』販売者 ジョニー&ステファニー

薬を断とうと二人で決めた。成長して変われるチャンスはいつでもある

続きを読む

第364号 掲載

セルビア『リツェウリツェ』販売者 ヴェスナ・アブラモヴィッチ

不安障害で、コミュニケーションに自信がなかった。販売者となって気づいた、知られざる自分の一面

続きを読む