販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

ビッグイシュー日本版で連載中の『販売者に会いにゆく (381号まで:「今月の人」 )』。 毎号各地の『ビッグイシュー日本版』販売者や、世界のストリートペーパー販売者が登場します。

『ビッグイシュー日本版』創刊当初より、販売者の顔が見えると一番人気の連載。
Webではその一部をご覧いただけます。バックナンバーは販売者から購入いただけます。

販売場所を見る
第386号 掲載

『ビッグイシュー台湾版』販売者 ジン・フェン・シウ

肉体労働で身体が麻痺、貯蓄も住む場所もなくなった。 何が起ころうとも、雑誌販売の仕事を続けるつもり

続きを読む

第385号 掲載

ドイツ・ハンブルク『ヒンツ&クンスト』販売者 ヨルグ・ペーターゼン

過去の経験、すべてに感謝。人として強くなれたから。半生を記した「本」をお客さんと出版

続きを読む

第384号 掲載

『ビッグイシュー英国版』販売者 デヴィッド・ベイリー

依存症者にとって一番の敵は“孤立する自分” 人との交流は不可欠、雑誌販売できなくてつらい

続きを読む

第383号 掲載

オーストリア『マリー』販売者

“オーストリアのお母さん”とともに過ごした4年半 その学びを、誰も僕から奪うことはできない

続きを読む

第382号 掲載

『ビッグイシュー英国版』販売者 サイモン・グラヴェル

今はただ、お客さんが恋しい。 都市封鎖の長期化で「野宿に舞い戻るかも」

続きを読む

第381号 掲載

スイス『サプライズ』販売者 ジェラ・ヴェラグス

息子と病院をはしごするのでなく 夜汽車でウィーンかミラノへ行ってみたい

続きを読む

第380号 掲載

島田肇さん

『路上脱出ガイド』でビッグイシューを知った 「寒いけどがんばってね」「明日雨だよ〜」 お客さんの言葉がうれしい

続きを読む

第379号 掲載

スイス『サプライズ』販売者 ラドミール

雑誌を使ったジャグリング、ダンス、スマイル 5年で3作、小説も書いた

続きを読む

第378号 掲載

カナダ『メガフォン』 販売者 ヘンドリック・マリナス・ビューン

人生の終わり、何より心に染みるのは周囲の人が伝えてくれる私への思い

続きを読む

第377号 掲載

『ビッグイシュー・オーストラリア』 販売者 トレバー

炎の壁、灰色の「煙の柱」 過去最悪の森林火災、水不足や干ばつも心配。救いは、久しぶりに見た鳥たちの姿

続きを読む