今月の人

ビッグイシュー日本版で連載中の『from the street 今月の人』。 毎号各地の『ビッグイシュー日本版』販売者や、世界のストリートペーパー販売者が登場します。

『ビッグイシュー日本版』創刊当初より、販売者の顔が見えると一番人気の連載。
Webではその一部をご覧いただけます。バックナンバーは販売者から購入いただけます。

販売場所を見る
第357号 掲載

カナダ『リティネレール』販売者 ヤニック

45歳の今、性別適合手術を決心。男性として生きることを心待ちにしている

続きを読む

第356号 掲載

浜岡さん

今はただ、ビッグイシューで働くことが楽しくて仕方ない。 だから、がんばって売り続ける

続きを読む

第355号 掲載

米国・シアトル『リアル・チェンジ』販売者 ブライアント・カーリン

15歳の時から写真を撮り続けてきた。販売中の出会いをきっかけにフォトグラファーとしてNPOに加わる

続きを読む

第354号 掲載

米国・ポートランド 『ストリート・ルーツ』販売者 ジェイソン・シアー

凍傷で指を失うも「愚痴は言わない」 双極性障害の治療、恋人との同棲で安定した日々を送れるようになった

続きを読む

第353号 掲載

『ビッグイシュー・オーストラリア』販売者(メルボルン) シェリル

女性ホームレスとして、毎日怖い思い。「孫ができる」の知らせで、ヘロインを断てた

続きを読む

第352号 掲載

山本新一さん

お客さんとの交流が楽しくなって、4年半も続いた ガラケーで常連客と連絡、SNSで交流も

続きを読む

第351号 掲載

ヤマノベさん

「嘘をつかなくていいから、気持ちが楽」人と話すのが好き。自分の足跡を残せたら

続きを読む

第350号 掲載

美馬直史さん

「今日はもうやめや」と帰ったこともあった 悪いことがあれば、きっといいこともあると今は思える そしたら、なんでかわからないけど、本当に雑誌が売れ始めたりする

続きを読む

第349号 掲載

米国テネシー州『コントリビューター』 販売者 マリオ

路上で思いついたビジネスプランで起業、愛犬たちのために家を購入。どん底から這い上がる時、深く感謝し、謙虚になった

続きを読む

第348号 掲載

カナダ『メガフォン』 誌 販売者 ジェラルド・“スパイク”・ピーチィ

路上の仲間のために、市議会議員選挙に立候補 「自分には発言権がない」と思っている人の声になりたい

続きを読む