販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

ドイツ・ハンブルク『ヒンツ&クンスト』販売者 トーマス

フェイスシールドとクリアケースで販売再開 「お客さんたちが、毎朝起きる理由をくれている」

ドイツ・ハンブルク『ヒンツ&クンスト』販売者 トーマス

実に2ヵ月ぶりのことだった。ハンブルク市アルトナのハルコート通りにある、スーパーマーケット「エデカ」前。トーマス(43歳)は新型コロナウイルスによる販売休止を経て、やっと自らの売り場に立つことができるようになった。
不安もある。お得意さんは、自分に気づいてくれるだろうか。販売部からはマスクとフェイスシールドを渡され、販売する姿は以前と少し違って見えるだろう。「いつも立っていた場所、入り口の真ん前ではもう販売できないでしょうね」とトーマスは言う。「今はフィジカル・ディスタンスが大事ですから」
エデカの店長ベンヤミン・ヒルへは、トーマスが店先で販売を再開できたことを喜んでいる。ヒルへは昨年10月からこの店の店長となり、12月からトーマスが雑誌販売を始めた。「トーマスの雑誌販売は、もはやエデカの一部となっています。トーマスのお客さんたちは彼に会いに定期的にここを訪れ、私たちのお店にも来てくださ...

続きは、本誌をご覧ください

Text:Birgit Müller, Hinz&Kunzt/INSP
『Hinz&Kunzt』
1冊の値段/2.2ユーロ(約260円)、そのうち半分が販売者の収入に
発行頻度/毎月
販売場所/ハンブルクとその周辺都市
(人物写真&クレジット)現在は緊急シェルターに住んでいるトーマス
Photo: Mauricio Bustamante

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧