販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

スイス『サプライズ』販売者 ジェラ・ヴェラグス

息子と病院をはしごするのでなく 夜汽車でウィーンかミラノへ行ってみたい

スイス『サプライズ』販売者 ジェラ・ヴェラグス

私の名前は、ジェラ・ヴェラグス(68歳)。旧ユーゴスラビア出身です。もっと正確に言えば、現在のセルビアになります。
スイスに初めてきたのは19歳の時で、メイドとして働くためでした。その際、現在の夫と出会い、息子は今40歳。セルビアには、その前の結婚で授かった二人の子どもがいます。最初に結婚したセルビア人の夫はとても暴力的な人で、逃げてスイスに来たんです。
 両親が貧しかったせいもあって、私は一度も正規の教育を受けていません。『サプライズ』を販売し始めたのは、20年前のこと。この仕事のいいところは、自分で勤務時間を決められることです。長い間、私はほぼ毎日街頭に立って雑誌を販売してきました。
だからでしょうか、時に夫が夜中に私を起こして言うんです。「夢の中で『サプライズ』最新号発売中って叫んでたぞ!」って。そして「ジェラ、真夜中にまで『サプライズ』を売る必要があるのかい?」って冗談を言うんです...

続きは、本誌をご覧ください

(Dina Hungerbühler, Surprise/INSP)
※ ハムやチーズを包んだ、薄い大判のカツレツ

Photo: Courtesy of Surprise

『サプライズ(SURPRISE)』 
●1冊の値段/6スイスフラン(そのうち2.7スイスフランが販売者の収入に) 
●発行回数/月2回 
●販売場所/バーゼル、ベルン、チューリッヒなど

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧