今月の人

米国・ナッシュビル『コントリビューター』販売者 ポール・A

本来あるべき姿で、人生をやり直すには時間がかかる。その過程に辛抱強くつき合い、理解を示してもらえたら

米国・ナッシュビル『コントリビューター』販売者 ポール・A

彼の名はポール・A、65歳。午後の時間の大半を、ナッシュビルのダウンタウンの5番通りか教会通りで雑誌販売をして過ごす。2018年12月にミシガン州からテネシー州へと移住した彼は、今年1月に『コントリビューター』誌の販売者となり、7月には3年ぶりにアパートへ入居することができた。同誌を含む10を超える地域団体が尽力したという。
「『コントリビューター』の支援がなければ、私は今でもあのひどい橋の下での生活だったでしょう」とポールは語る。「だからこそ自分の最期の瞬間は、ぜひとも街角の隅でこの雑誌を手に持って迎えようと決めています。これは私の決意なのです」
視覚障害の認定を受けているポールは、通りを歩く顧客とのアイコンタクトに困難が伴う。30代の頃に始まったこの希少な障害により、視野は限られている。しかし、彼は人との会話を愛する人間であり、自分自身の人生を見失わずに独立心を保っている。入居申請の紹...

続きは、本誌をご覧ください

(Hannah Herner, The Contributor / INSP)

『コントリビューター(The Contributor)』
●1冊の値段/2ドル(そのうち1.5ドルが販売者の収入に)
●発刊頻度/隔週 
●販売場所/テネシー州・ナッシュビル

(写真キャプション)
ポールが暮らしていた橋の下(上)にはまだ当時の仲間が住んでいる。下は現在暮らしているアパート

(写真クレジット)
Photos : Hannah Herner

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧