今月の人

Nさん

日々の生活が記憶に残らないほど普通であることのありがたみ、今は実感。

Nさん

売り場に立っている時だけは、社会の一員として同じ町の空気が吸えている気がする――。
277号(2015年12月、完売)の本欄で、自らの心情をそんな風に語っていたNさん(40歳)。ホームレスにとって、昼間の町は人の目が気になる完全アウェイ。唯一、ビッグイシューを売っている時だけが社会とのつながりを感じられる時間だった。あれから3年5ヵ月。すでにビッグイシューを卒業した彼と、かつての売り場である近鉄奈良線の学園前駅北口で待ち合わせた。
颯爽と現れた彼はスラリと背が高く、ちょっと格好いいお兄さんに変身していた。卒業後は介護職に就いているのだという。「あの記事のあと、販売者を辞めて、自分で仕事と住まいを探して、最初は1日派遣の仕事をしていたけど、福祉に興味があると言っていたら、長期の介護職を紹介してもらえて半年ぐらいで本採用をいただけたんです」
障害者や高齢者などの介護に従事して、すでに実務経験は...

続きは、本誌をご覧ください

(写真キャプション)
かつての販売場所、近鉄奈良線「学園前駅」にて

(写真クレジット)
Photos:木下良洋

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧