今月の人

『ビッグイシュー・オーストラリア』販売者(メルボルン) シェリル

女性ホームレスとして、毎日怖い思い。「孫ができる」の知らせで、ヘロインを断てた

『ビッグイシュー・オーストラリア』販売者(メルボルン) シェリル

オーストラリアで路上生活を送る女性は約4万9千人、シェルターに滞在するホームレスの約40%が女性だと言われる。女性がホームレス状態になってしまう原因で最も多いのは、家族やパートナーによる家庭内暴力。今では出張講義のスピーカーとして自身の経験を率直に話すシェリルも、その一人だった。
「男でも女でも、ホームレスになるのは怖いし危険です。私はおよそ10年にわたって途切れ途切れにホームレス状態を経験し、何度も恐ろしい目に遭いました。生活環境が悪かった上に、女性だったからです。襲われないだろうか、身ぐるみをはがされないだろうか、もっと悲惨な事態になるのではないか、と常に不安でした」とシェリルは語る。
17歳で妊娠し、息子を育てるために高校を退学。21歳の時には次男も授かった。「息子たちにはなんとしてでも安定した家庭生活を送らせたかったし、しばらくは穏やかに暮らしました」。しかし、30代半ばに結婚した...

続きは、本誌をご覧ください

(The Big Issue Australia / INSP / 編集部)

※1 Boarding House:家具付きの個室と共有のキッチンやバスルームがある簡易宿泊所。
※2 ビッグイシュー・オーストラリアが運営する組織。企業などから業務を請け負い、雑誌販売が難しい女性などに働く機会を提供している。

『ビッグイシュー・オーストラリア』
●1冊の値段/7ドル(そのうち3.5ドルが販売者の収入に)
●発行回数/隔週
●販売場所/シドニー、メルボルンをはじめ全土の主要都市

(写真キャプション)
メルボルンの街並み

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧