今月の人

小川武志さん

7年の遍歴の後、販売者に復帰。覚悟をもって、初めて猛暑を乗り切り、就職をめざす

小川武志さん

15周年を迎えたビッグイシューでは、一度は販売者を辞めたものの再び復帰して雑誌を販売する“出戻り組”もいる。JR神戸線六甲道駅北口に立つ小川武志さん(39歳)もそんな一人だ。辞める以前は08~10年にかけて東京で販売。当時はまだ20代後半で、本欄の「今月の人」にも登場していた(117号掲載)。それから再びビッグイシューの門を叩くまで7年。「いろいろありました」と寡黙な小川さんは言葉少なに話し始める。
10年にビッグイシューのもとを去ったのは生活保護受給のためだったが、その生活は2年で終わりを告げた。社会復帰を勧めるケースワーカーの追い立てにたまらず派遣の職を見つけたのだが、仕事が合わず、それも半年ほどで退職。再び路上生活に舞い戻ったという。それからは手配師に声をかけられての日雇い労働、住居を提供する支援団体による生活保護受給、住み込みの派遣労働などを転々と渡り歩いた。東京から群馬、千葉、広...

続きは、本誌をご覧ください

(サブ写真キャプション)
JR神戸線六甲道駅北口にて

(写真クレジット)
Photos:木下よしひろ

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧