今月の人

小川恒さん

雑誌販売歴は通算7年。つらいと感じることも多いが ビッグイシューにはいい意味での魔物がいる

小川恒さん

「雑誌が売れるかどうかは、売り場の客層なんです。昔は大阪市内の売り場が売れたけれど、今は郊外も売れますね」
 開口一番、そう語るのは奈良県のJR王寺駅南口で販売する小川恒さん(53歳)。2年のブランクを経て、14年からビッグイシューに復帰したベテラン販売者の一人だ。大阪のベッドタウンでもある王寺駅は、主婦層など40代以上のお客さんが中心。特に平日は約8割が常連客で、誰がいつごろ売り場の前を通るかほぼ頭に入っているため、販売の予測もつきやすいという。販売時間は朝9時~夜19時頃で、週6日。火曜日だけは自ら開拓した大阪・河内松原駅の売り場に立ち、こちらも王寺並みに売れるという。
「1日の売上げは平均17冊ぐらい。それでどうにか西成のドヤに泊まれる。特に王寺駅はビッグイシューの売れ行きが悪くなる8月でも安定的に売れるので助かりますね」
 京都の出身で、若い頃は調理師として働いた。歯車が狂い始めた...

続きは、本誌をご覧ください

(写真クレジット)
Photos:木下良洋

(写真キャプション)
JR王寺駅南口にて

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧