最新号・
バックナンバー

No.331

てくてく。あるき旅

人は歩いたり入浴している時、不思議なことによく考えがひらめくという。何も考えずボォーとしている時、人は最もクリエイティブになっているらしい。
そこで、春3月、「あるき旅」へのお誘いである。身近な山や丘陵、自然道、降りたことのなかった駅、大通りと路地、小さな町の暮らし、おいしい食べ物……。「あるき旅」には、歩いてこそ見つかる景色や人との出会いがあり、もしかしたら感度抜群の自分を見つけられるかもしれない。
“歩く速度”がいいと言う山本ふみこさん(随筆家)。山登りから徒歩旅行まで楽しむ若菜晃子さん(編集者)。歩いて日本縦断した石原淳さん(小学校副校長)。そんなみなさんに「あるき旅」の醍醐味を聞いた。
また、関本紀美子さん(イラストレーター)にスケッチ事始めの指南をお願いした、今年5月に100回目を迎える「歩こう会」(販売者のクラブ活動)も紹介。
自分だけの「あるき旅」。てくてく、探しに出かけませんか?

エッセイ
てくてく みんな道の上で聞いてきた
山本 ふみこさん

街と山のあいだ。楽しむアンテナを磨く
降りたことのない駅、木との会話
若菜 晃子さん

人間、ザック1個で生きていける
1日30km、111日歩いて日本を縦断
石原 淳さん

イラストエッセイ
ひと駅分のお散歩スケッチ
関本紀美子さん

コラム 販売者によるクラブ活動「歩こう会」

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー ゲイリー・オールドマン
リレーインタビュー・私の分岐点寺尾 紗穂さん

国際記事

米国、移民の人権を守る「聖域都市」
トランプ政権の発足以来、米国では非正規滞在者の取り締まりが強化され、逮捕数が増加しています。しかし、米国のいくつかの都市は連邦政府の圧力に負けず、移民の人権を守る「聖域都市」として闘い続けています。
監督インタビュー 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
カナダの女性画家モード・ルイスの半生を描いた映画『しあわせの絵の具』。カラフルな色彩、素朴な構図で自然や人々の生活、猫や牛など動物たちを描いた彼女の画は、観た人すべてを虜にする魅力に溢れています。しかし、その人生は平たんなものではありませんでした。モードの魅力や映画の背景を、監督のアシュリング・ウォルシュに尋ねました。
WORLD STREET NEWS 世界短信

連載記事

被災地から
―― 住宅支援打ち切り、さらに厳しくなる生活
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
―― 世を忍ぶ偽名に惑わされることなかれ
コミック マムアンちゃん
―― ウィスット・ポンニミット
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
子どもの悪いところばかり口出ししてしまう ☆簡単ピザ☆
ビッグイシューアイ ナチ独裁への入り口となった「大統領緊急令」と自民党提案の「緊急事態条項」の共通性
1919年に制定され、当時最も民主的だと言われたドイツの「ワイマール憲法」。しかし48条「大統領緊急令」が濫用されて、ヒトラー独裁が生じました。自民党改憲草案の「緊急事態条項」の危険性と併せて、ドイツ近現代史の研究者・石田勇治さん(東京大学大学院教授)に問題点を聞きました。
宇宙・地球・人間 池内了の市民科学メガネ
―― 番頭さんの無限宇宙論

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『ゲイリー・オールドマン 』に関連したバックナンバー

『旅 』に関連したバックナンバー

『自然 』に関連したバックナンバー

『里山 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る