今月の人

ドイツ・ハンブルク『ヒンツ&クンツ』販売者 ライナー

さまざまな職業を転々とした 今、貯金して小ボートを購入するのが夢

ドイツ・ハンブルク『ヒンツ&クンツ』販売者 ライナー

ライナーはずっと船が好きだった。だから趣味を仕事にできた時はうれしかったと言う。しかし雇用主が破産申請をしたことで、彼は仕事だけでなく、家まで失ってしまった。
現在、『ヒンツ&クンツ』の販売者であるライナーは、エルベ川に面したドイツ北部の街ハンブルクに住んで40年近くになる。しかし生まれはデュッセルドルフで、今でもライン川流域特有の方言が残っている。「話し方は昔からずっとこうなんだ」と63歳の彼は話す。
ではどうやってハンブルクへたどり着いたのか? 「昔から借金とは縁があってね」、彼はそう言うとニヤリと笑った。「それで引っ越さざるを得なかった」。当時の彼はドイツの大手鉄鋼メーカー、マンネスマンの仕事を失ったばかりだった。そして、ハンブルクで経済的自立を果たす前に、ライナーはある女性に出会う。「ラインラント(ライン川沿岸の一帯)では、一度も起きなかったことだ」と彼は笑った。二人は結婚し、娘が...

続きは、本誌をご覧ください

(Jonas F?llner/独英翻訳: Dominque Mason/Courtesy of Hunz&Kunzt/INSP.ngo)

Photo: Mauricio Bustamante


『ヒンツ&クンツ』
1冊の値段/1.90ユーロ(約235円)、そのうち1ユーロが販売者の収入に。
販売回数/月1回
販売場所/ハンブルクとその周辺都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧