最新号・
バックナンバー

No.313

壊される“まともな働き方”

ワーキングプア、過労死、若者を食い潰すブラック企業……。かつての一億総中流社会・日本が、今や、子ども、若者、働き盛りから高齢者まで、貧困に押しつぶされつつある。その背景には”まともな働き方”が失われてきたことがある。
森岡孝二さん(関西大学名誉教授)は、正規、非正規、パート、契約、派遣などに細分化された雇用・就労形態を「雇用身分社会」と呼び、このままでは日本社会そのものが成り立たなくなるという。
未来を支えるはずの若者たちも一生涯貧困に至るリスクを宿命づけられている、と藤田孝典さん(NPO法人ほっとプラス代表理事)はいう。今、15~34歳の若者の死因のトップは自殺。主要先進国では、日本だけである。
そこで、真正面から〝まともな働き方〟を考えてみた。森岡さんと藤田さんに、「収奪のため労働者が無力化される歴史」と、私たちが今、どんな雇用環境で生きているのか? そこから脱却のためにできることを聞いた。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー スティング
僕は旅するミュージシャン。死ぬとしたら、どこか旅先でかもしれない
リレーインタビュー・私の分岐点大草 直子さん
サルサにのめり込み、会社を辞めて南米へ死ぬ間際に最高にそしゃれであればいい一年一年“年齢をいただく”素晴らしさ

国際記事

麻薬探知、警備、爆発物探知、火災捜査、犯罪捜査…合格率20%。ノルウェー、警察犬訓練の日々
WORLD STREET NEWS 世界短信
アルゼンチン、GM大豆が洪水をもたらす!?
パキスタン、無実の生年の死 問われる冒涜罪
中国、公立幼稚園の不足と蔓延する無認可幼稚園
カナダ、バンクーバー市民が主導するドラッグの救急救命テント

国内記事

ワンダフルライフ:襖から天守閣まで、ほぼ廃材で作ったDIY城――小阪城城主 磯野健一さん
東大阪市と言えば、花園ラグビー場に、町工場。そんな土地に「小阪城」と呼ばれる、廃材で作られた天守閣がある。本業は理容師という″城主”の磯野健一さんを訪ねた。

連載記事

被災地から
― 震災から7年目、被災者・避難者には「命の危機」も
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
― 社会と会社
コミック マムアンちゃん
― ウィスット・ポンニミット
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
実年齢より若く見られます(20代/女性)☆揚げエビとスプラウトのサラダ☆
ビッグイシューアイ
(写真エッセイ)海とくらし、防潮堤が問う復興のかたち
宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
― 「不気味の谷」は乗り越えられるのか?

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『貧困 』に関連したバックナンバー

『スティング 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る