今月の人

カナダ、『メガフォン』誌販売者 フレッド・ウィリントン

3人の子ども、2人の孫。離婚で生活苦しくなった

カナダ、『メガフォン』誌販売者 フレッド・ウィリントン

 ブリティッシュ・コロンビアの州都ヴィクトリア市は、カナダの最南端に位置し、温暖な気候に恵まれた街だ。近くにある大都市バンクーバーに比べると、落ち着いた美しい街並みが広がっている。
 フレッド・ウィリントンは2015年10月、ヴィクトリア市でストリート誌『メガフォン』の販売を始めた。彼の持ち場は、ジョンソン通りとガバメント通りの角の生協ストア前だ。
「私は1953年にバンクーバーで生まれました。東部のオンタリオ州で2、3年過ごし、60年にブリティッシュ・コロンビア州へ戻ってきました。61年に父がバーナビー市で接骨院を開業したため、基本的にはそこで育ちました」
 19歳から、百貨店「シアーズ」の出荷部門で3年間働いた。それから22歳の時に米国に渡り、カリフォルニアの林業現場で2、3ヵ月仕事をする。その後、ブリティッシュ・コロンビア州に戻ると、メープル・リッジ市にある杉の植林地に職を得た。7...

続きは、本誌をご覧ください

(Megaphone-CANADA, www. INSP. ngo)Photo: Jamila Douhaibi『Megaphone』1冊の値段/2カナダドル(約172円)で、そのうち1.25カナダドルが販売者の収入に。販売回数/月刊販売場所/バンクーバー、ヴィクトリア、その周辺都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧