今月の人

米国『スピークアップ』誌販売者、 エドワード・スモールズ

「アップタウンはひどいことになっていた」 ストリート誌販売者が目撃した、シャーロットの街の抗議デモ

米国『スピークアップ』誌販売者、 エドワード・スモールズ

 エドワード・スモールズは、ノースカロライナ州シャーロットのアップタウンで、ストリート誌『スピークアップ』の販売をしている。そのため、9月20日に起きた警官によるキース・ラモント・スコット射殺事件に対し、21日に勃発した抗議デモの震源地に居合わせた。スコット氏の妻は夫が丸腰だったと訴え、警察は彼が銃を所持していたと主張するが、真相はいまだに判明していない。
 重体一人を含む多くのけが人を出し、警官16人も負傷した激しい抗議デモの夜が明けた22日朝、スモールズは『スピークアップ』の編集者に自分が目撃したことを語った。
――昨夜は何があったのですか。
「アップタウンはひどいことになっていた。私は販売の仕事を終え、図書館近くの公園に座って本を読んでいた。すると人が走ってきて、誰かが撃たれたと言ったんだ。私は、何が起こっているのかを確かめようと、ライトレール(路面電車)に飛び乗った。トレード通りで...

続きは、本誌をご覧ください

(Matt Shaw/Courtesy of Speak Up / INSP.ngo)
Photos: Speak Up

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 299号

299 号(2016/11/15発売)

特集ガールズサポートのいま

今月の人一覧