今月の人

中西仁志さん

地震から4日間は炊き出しに応援参加。 ビッグイシューを売っていたら自然と笑顔がこぼれ、心が洗われていく感じ

中西仁志さん

 熊本県唯一のデパート「鶴屋百貨店」から北に延びる上通商店街入り口で、180センチの長身が一際目を引く。一昨年の1月に販売者となった中西仁志さん(56歳)だ。朝10時半から夕方6時まで、天候が悪い日以外は休まず立っている。「上通は中高年、南側の下通は若者が多く、ここは人が一番集まる場所」だというが、月400冊を超えた売り上げは4月の地震直後、250冊まで落ち込んだ。
「地震の日は自宅アパートにいました。本震では洗濯機や冷蔵庫が倒れ、高いところに置いていたレンジは落ちて壊れました。それから4日間は熊本市内の市立総合体育館や池田小学校などの避難所で『でんでん虫の会』の仲間と、おむすびや味噌汁の炊き出しをしました」
「でんでん虫の会」とは独り暮らしの障害者や高齢者が集まって、おしゃべりすることで支え合う活動をしているNPOで、毎週水曜日の集いを中西さんも楽しみにしている。
「避難生活を送る...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 292号

292 号(2016/08/01発売)

特集夏こそ眠る

今月の人一覧