今月の人

寺岡敬悟さん(JR大阪駅・桜橋口)

「あなたの人生これからですよ」どんな高価な宝石より350円が輝いて見えた

寺岡敬悟さん(JR大阪駅・桜橋口)

「同窓会に行ってくる言うて、もう18年経つけど、まだ帰ってけーへんのよ、僕の嫁さん……」
JR大阪駅・桜橋口に立つ寺岡敬悟さん(62歳)は、冗談でも話すかのようにそんな話を始める。半年の同棲生活の末に結婚も考えていたという〝僕の嫁さん〟。警察に捜索願いを出しても足取りはつかめず、未だ同窓会に行ったきりなのだという。そして、「まあ、今、帰ってきても住む部屋はないんだけどね」と最後はユーモアを交えてオチをつける。
出身は和歌山県。漁師町に育ち、大阪に出てきたのは25歳の時だ。印鑑の訪問セールスやパチンコ店員などを経て、30代半ば頃から始めたトヨタの期間工では月収40万円以上をもらい、貯金もしていた。ところが、仲間と立ち上げた会社で経理を任されると、ほどなくして不渡りをつかまされる羽目に。同時期には分譲マンションの購入詐欺にも遭い、寺岡さんは多額の借金を背負って破産。悪いことは続き、その頃か...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 282号

282 号(2016/03/01発売)

特集住民の元気。6年目の被災地

今月の人一覧