今月の人

マケドニア、『Lice v Lice』販売者 エルツァン・サディク

ロマの仲間たちと協力しあって販売。 「大切なのは、にっこり笑ってお客さんに表紙を見せること」

マケドニア、『Lice v Lice』販売者 エルツァン・サディク

「一番大事なのは、にっこり笑って、お客さんの目をじっと見ること、そして大きな声ではっきりと話すこと。僕はもう新人じゃないから、前より楽にこれができるようになったよ」と、19歳のエルツァン・サディクは、販売の秘訣を明かす。
 彼は、マケドニアの首都、スコピエ都市圏のシュト・オリザリ出身。ロマ音楽を聴くのが好きな19歳の少年だ。もし読者がデバ・マアロかスコピエ・シティ広場をよく通るなら、彼に気づいたに違いない。背は小柄で、とても頭がよく、控えめで愛想がいい。エルツァンは、『Lice v Lice』の最も優秀な販売者だ。
「最初は路上で販売することに抵抗があったので、お客さんには低い声で応対していた。でも、今ではこれがまともないい仕事だとわかっているし、この雑誌と僕が成功するには、よっぽどがんばらないとね」。エルツァンは、まるで一生の仕事の話をしているかのように真剣な顔をした。
 2012年...

続きは、本誌をご覧ください

『Lice v Lice』
1冊の値段/100ディナール(約220円)そのうち50ディナールが販売者の収入に
販売回数/隔月刊
販売場所/スコピエ

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧