最新号・
バックナンバー

No.272

"いま"を縫う― 仕事、逸品が生まれる場

人は原初から、寒さや暑さをしのぐため、縫い仕事をしてきた。いま、縫うということから、新たな"仕事"をつくれないだろうか?
鹿児島市にある知的障害者支援施設「しょうぶ学園」の工房では、メンバーが何気ないシャツに、自由奔放に糸を通した針を刺していく。絡んだり、もつれたりしても気にせず、「針一本で縫い続ける」というスタイルだ。ここで生まれる作品には、生命力、あざやかな色彩と美しさがあふれている。
「リボーン・京都」の活動は、寄贈された着物地をルワンダなどの途上国に送り、女性や若者たちに洋裁技術の指導をして、絹の着物をゴージャスな洋服に仕立て直してもらうこと。それによって、人々の経済的自立を応援。
トレーニング、手仕事、生活が一体となって逸品、仕事を生む場でもある、「ヌイ・プロジェクト」、「リボーン・京都」。それぞれのメンバーの縫い仕事の現場を取材し、縫う世界とその仕事の可能性を考えた。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー BECK
「いつも自分の本能に従えよ」。それが変だろうが気にしない
リレーインタビュー・私の分岐点女優 あめく みちこさん
あるべくしてあるものは何一つない。「まあ役者続けてもいいんじゃない」という言葉が支えになった。

国際記事

英国 ロボットが仕事を奪う?! 衝撃の未来
ニューヨーク 「See Me――私を見て」展
第19回、INSP総会報告
映画インタビュー
『エール!』
WORLD STREET NEWS 世界短信
中国、小役人による巨額の汚職
ブルガリア、過疎の村に現れたドイツからの集団移住者
パレスチナ、人工授精で生まれた「自由への大使」
ケニア、干ばつに備える「食べ物の森」育成計画

国内記事

ワンダフルライフ
自然の野原のような庭園「紫竹ガーデン」

連載記事

原発ウォッチ!
東田直樹の考える日々
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
雨宮処凛の活動日誌 [ 新連載 ]
ホームレス人生相談×枝元なほみの悩みに効く料理
死ぬことについて考えてしまい怖い気持ちになります(30代、女性、会社員)カスタードクリーム

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『ファッション 』に関連したバックナンバー

『アート 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る