今月の人

スイス『サプライズ』誌 販売者

過激派アルシャバーブの襲撃を生きのび スイスで今、家族とともに再スタートを切る

スイス『サプライズ』誌 販売者

「以前の仕事や、祖国で負っていた責任について考えることがよくあります。でも、ストリートペーパーの販売は楽しいです。後ろを振り返るよりは、前を向いて生きていきたいですから」
 ドイツ、フランスと国境を接する国際都市バーゼルで『サプライズ』誌を売る アリ・ヌール・モハメドは、故郷ソマリアからこの地にたどり着くまで、激動の人生を送ってきた。以前の彼は、ソマリアで獣医師の学位を取り、国際NGOや地元NGOの活動に長年携わっていた。「NGO『ウェスト・ソマリア』の地域ディレクターを務めていた時期もあります。責任は重いものの、恵まれた仕事を持っていました」
 だが、ソマリアで内戦が勃発すると、モハメドの身に危険が迫る。米国側のスパイだと思われ、イスラム系過激派組織アルシャバーブに毎日監視されるようになったのだ。多くの同業者が銃弾に倒れたという。
「そしてある夜、私の家も急襲されたのです。幸い...

続きは、本誌をご覧ください

『サプライズ』
1冊の値段/6スイスフラン(約744円)、そのうち3フラン(約372円)が販売者の収入に。
販売回数/2週間に1回
販売場所/ベルン、チューリッヒ、バーゼルなどスイス国内、ドイツ語圏の主要都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧