今月の人

『ビッグイシュー・ノース』販売者 エマ・フォラン

まさにこの仕事は、私にとっては命綱なのです

『ビッグイシュー・ノース』販売者 エマ・フォラン

「私の育った環境はそれほどいいものではありませんでした。学習障害があるため普通の学校にはついていけず、特別支援学校に通いました。でも、私の人生では一番いい時でしたね。卒業の日は大泣きしました。学校を離れたくなかったのです」
 リバプールで『ビッグイシュー・ノース』を販売しているエマ・フォランは、そう語り始めた。「卒業後は介護職として働き、とても充実していました。その後結婚したものの、相手が暴力をふるう人で、精神的に追い詰められた私は、仕事を辞めざるを得ませんでした。そして、結婚生活に終止符を打った時、私の手元には何も残っていませんでした」
「野宿は一度も経験していませんが、ホステルに泊まったことはあります。中には本当にひどいところもありました」
 そうした流浪の日々の中、彼女はストリート・マガジン『ビッグイシュー・ノース』と出合う。友人でありビッグイシュー販売者でもあるモーリーからの紹...

続きは、本誌をご覧ください

『ビッグイシュー・ノース』 1冊の値段/2ポンド(約352円)で、そのうち1ポンド(約176円)が販売者の収入に。
販売回数/週刊
販売場所/リバプール、マンチェスターなどイングランド北部

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 257号

257 号(2015/02/15発売)

特集包容空間、路上のいま

今月の人一覧