今月の人

松村政晴さん

居酒屋を開く夢を抱きながら、今日もこつこつビッグイシューの販売を続ける

松村政晴さん

「物を売って、お客さんからどうもありがとうってお礼を言われたのは初めてですよ」。ビッグイシューを売ってみて一番驚いたことだと話す松村政晴さん(54歳)は、昨年9月から販売を始めた。それまでさまざまな仕事を経験してきたが、お客さんにお礼を言われたことはなかったという。
松村さんの職業生活で最も長い期間携わったのは料理を作ることだった。しかも料理のキャリアは小学3年生にさかのぼる。小樽で生まれた松村さんは小学生の時に両親とも病気で半身不随となり、2歳上のお兄さんと一緒に親戚に預けられた。しかし、よその家では観たいテレビを観られないので、自宅に戻り自炊することに決めた。当時、12歳年上のお姉さんが何かと生活の面倒をみてくれたという。高校中退後、小樽市内の飲食店に就職し、和食の調理場で働いた。その後、居酒屋勤務に変わり、さらに札幌へ移り、雉料理店に勤めた。朝9時から夜12時までの激務をこなしてい...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧