今月の人

座談会 ― 住宅問題 その2

地道に自力でやりたい。仕事と家はセット

座談会 ― 住宅問題  その2

ビッグイシュー販売者にとって、野宿生活を脱出してアパートに入るまでは、さまざまな難関がある。実際に住居を得るまでのステップや本当に必要な制度、サポートについてなど、前回に続いて、東京の4人の販売者に話を聞いた。

ハードルは保証人の問題、
携帯電話、家賃

――住宅探しはうまくいきそうですか?
吉澤 私の場合、1年近くかけて貯金をしてきたので、初期資金の問題は何とかクリアできそうですが、保証人の問題がなかなか大変です。保証人になってくれる人を探すことはできないので、保証会社に頼むことになります。都内のNPOに保証人をお願いしようと思っていましたが、最近は大家さん指定の保証会社しか受け付けてくれないところも増えているようで、そうすると割高になってしまって……。なかなか難しいですね。
 あとは携帯電話です。不動産屋さんとのやりとりとか、電話がないとなかなかスムーズにいきません。以前事情があって携帯会社とトラブルになり、今も簡単に持つことができないんです。身分証明書がないので、それも大きなハードルです。
井上 安い物件なら、結構、いろいろあると思うんですよ。3万円台なら普通にあるし、探せば2万円台だってあるんですよ。僕は時間がある時、足で探しています。「ここは古い木造で外階段だから家賃が安そうだ……」とかって目星をつけてます。
――さすがに都内で2万円台で探すというのは厳しくないですか?
花渕 本当に寝るだけの空間で十分なんですよ。風呂なしで4畳一間あればいい。昔はそういう安アパート、どこにでもあったんですけど、今は少ないでしょうね。とにかく都内は家賃が高すぎる。関西のほうだとドヤが結構残っていて、ネットカフェよりもぐっと安く泊まることができるんでしょう。今の自分の収入との兼ね合いで考えると家賃は3万から3万5千円くらいが限界です。
 ビッグイシュー販売の仕事は、天候などに左右されますから、どうしても不安定になる。家賃を支払い続けることができるか考えると不安で、二の足を踏んでしまいます。
井上 いかに固定費を抑えて生活するかにかかってくると思いますね。たとえばガスを使わずにカセットコンロで済ませる、コインランドリーを利用するとか、そこらへんの生活の知恵は結構備わっているつもりです。

家賃を払い続けられるか、
ハラハラするのはイヤ

――生活保護や住宅資金貸付、公的住宅とか、最初のステップだけでも、そうしたシステムの力を借りるということは考えないのですか?
木村 私の場合、60歳を過ぎていますから、生活保護を受けやすいことも知っていますが、今は考えないですね。昔からずっと仕事をしてきたから、働かない生活って想像できない。モノを売る仕事が多かったけど、それが楽しいんです。今もビッグイシューを売って、お客さんと話せるのが生きがいになっているから、身体が続くかぎりはこのままがんばりたいな。
井上 最近は単身者でも条件に合えば入居できる、公的住宅がありますよね。保証人不要で抽選に通れば入れると聞きますが、問題は場所。不便な場所にある物件しか空いていないんですよね。
 ビッグイシューの販売場所とか、事務所へ通う交通費を考えるとどうなのかな……。住宅資金貸付にしても、借金であることに変わりはないわけで……仕事がなく、返すめどがない中で借りる気にはならないんです。
花渕 一度、自立支援センターを経て就職したことがあります。就職が決まると自治体が借り上げのマンションに期間限定で住むことができました。新築のワンルームでIHコンロや家具、生活用具まですべて付いた立派な部屋。でも結局、1ヵ月ほどで仕事がなくなってしまって部屋を出ることになりました。そこに住むのは就職して収入があることが条件ですから……。
 そんな経験から次は、地道に自分の力だけでやっていったほうがいいなって思っているんです。路上から、1・5畳のシェアハウス、4畳一間っていうふうに、一段ずつ上がっていくほうがいい。
――こういう制度をつくってほしいとか、何か要望とか希望はありますか?
吉澤 アパート入居後のサポートをお願いしたい。何かわからないこと、困ったことがあった時、気軽に相談できる窓口とかがあると心強いです。
井上 国には、住宅以前に、仕事をつくってほしいですね。ずいぶん長いこと、ハローワークに通っていますが、50歳という年齢で働ける仕事はほとんどありません。安定した仕事がないと、収入がどこまで確保できるか見当がつかない。
 初期資金貯めてアパートに入れたとしても、どこまで家賃を払い続けられるのか、ハラハラしながら生活するのはイヤなんです。結局、仕事がないと始まらないんじゃないですか?
木村 私の中でもやっぱり仕事と家はセットになってるものです。家だけあっても仕事の目標とか、夢がない生活はつまらないと思うんですよ。
――みなさん、ありがとうございました。 

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧