今月の人

Nさん

震災の影響受けたまんじゅう祭り。 来年お金を貯めて郡山に行きたい

Nさん

「誰もいなくて、『本当にここでいいのかな』と思っていたら、事務所の人が声をかけてきた。『どうぞ』って」 Nさん(39歳)が東京事務所を訪れたのは、夏の暑さがピークを迎えようとする8月の頃だった。7月に職を失い、ネットカフェに寝泊まりしながら仕事を探している中、ビッグイシューのホームページにたどり着いたのだ。「毎週土曜日に説明会をしているって書いてあったから、直接行ったのにあまり人がいなくて」

スタッフに説明を聞いて、話をして、Nさんは販売を始めることにした。最初は事務所近くでスタッフと一緒に販売体験。その後、売り場を割り当てられてひとりで立つようになる。販売者になるために、誰もが通るお決まりのステップだ。

「『日本橋はどう?』って聞かれた時に、『日本橋なら少し詳しいし、いいな』って思ったんだ」というNさんは、高校を卒業してすぐの働き先が都内のレストランだった。ウエイターとして修業を積み...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 203号

203 号(2012/11/15発売)

特集いま、屹立するアート

今月の人一覧