今月の人

『ビッグイシュー・台湾版』販売者 王曉萍さん

『ビッグイシュー・台湾版』販売者  王曉萍さん

台湾・台北市の忠孝復興駅前は、デパートの「SOGO」や、ロレックスなどのブランド店が軒を連ね、いつ訪れても観光客や買い物客でにぎわっている。ここを売り場にしているのが『ビッグイシュー・台湾版』の販売者、王曉萍さん(67歳)だ。
台北で街をぶらぶらしていると、オレンジ色のベストを着たビッグイシュー販売者さんを見つけてうれしくなり、思わず駆け寄って近づいたのが王さんだった。
『ビッグイシュー日本』の者ですと身振り手振りで説明すると、「おおーっ!」と大歓迎ムード。ここに座りなさい、と近くのベンチを勧められた。
台北の春は、気温が30度になる日が多く、この日も汗ばむ陽気。それで二人で、スイカを食べながら、おもむろに漢字で筆談を試みてみた。そのペンでの会話の中で、王さんが「北海道・室蘭」「神戸」「新潟」「名古屋」と、いくつも日本の都市を書いてみせ、「知ってるか?」というふうにペンで字を指し示す...

続きは、本誌をご覧ください

『ビッグイシュー・台湾版』
1冊の値段/100台湾ドル(約280円)、そのうち50台湾ドルが販売者の収入に。
販売回数/10年4月の創刊時から月1回刊。
発行部数/1万5千部 販売場所/台北

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 171号

171 号(2011/07/15発売)

特集いま、フクシマ

今月の人一覧