最新号・
バックナンバー

No.171

いま、フクシマ

福島県の震災による死者・行方不明者は宮城県に比べ7分の1である。しかし、避難者は約10万人と宮城の4倍になっている。なぜなら、原発から30キロ圏内の避難者が8万8千人に上るからだ。しかも5分の4が県外、その他不明の人々となっている。今、福島では転々と移住する住民と、一緒に町村役場も漂流する事態が起きている。原発事故の収束の状況いかんでは、原発の30キロ圏内から避難した人々は2度と地域に戻れない「ディアスポラ(diaspora)的状態」(※)になる可能性もある。「突如、永遠にふるさとを奪われるかも知れない大量の住民」「地域を持たない自治体」が私たちの目前に現れつつある。こうしたなか、地域や市町村の枠を越えてNPOやNGOが、生活支援、県内外の復興ネットワークの構築などで活躍している。そこで、漂流する住民の方々と町村役場に、現状、その問題、これからについて聞いてみた。また、現場で活動する5つのNPOやNGOを追った。日本社会はじまって以来の、国際的にも注目される「フクシマ」で起こっていることを見つめながら、福島の未来と日本の社会を考えたい。

※ディアスポラ(diaspora):ギリシャ語で離散、移住を意味する。大文字のDiasporaはパレスチナを追われたユダヤ人を表わす固有名詞であるが、小文字のそれは離散定住集団を意味する。

何に向かってがんばる? もうノイローゼになりそう
― 帰れない? 不安募らせる人々

「自治体解散の可能性」の不安も。まったく見えない先行き
― 漂流する町村役場

NPO・NGO奮闘中。大震災、原発事故に向き合い、福島の未来つくる
― 「ハートネットふくしま」 吉田 公男さん
― 「うつくしまNPOネットワーク」 鈴木 和隆さん
― 「こおりやま若者サポートステーション」&「ぴーなっつ」 鈴木 綾さん
― NGO 日本国際ボランティアセンター(JVC) 楢崎 知行さん
― NGO 「シャプラニール」 小松 豊明さん

この夏、フクシマへボランティア!!

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー KTタンストール
女性であることを肯定し、ありのままに祝っているの。私はアマゾネスといったところね
リレーインタビュー・私の分岐点元浦和レッズ 福田 正博さん
自分たちの肩に日本サッカーの歴史がかかっているという気概をもっていた

国際記事

英国、自立に挑戦する10代のホームレスたち
「忘れられた動物」マナティー。人魚救出に取り組む西アフリカのNGO
WORLD STREET NEWS 世界短信
*カナダ、グアンタナモに収容された少年
*熱帯雨林の破壊阻止に一定の成果
*ルワンダ、大虐殺を裁く「ガチャチャ裁判」の功罪
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
追跡能力と臆病さ 子犬の訓練2

国内記事

被災地・市民の現場 加藤 哲夫
フクシマが日本を救う!

BACKBEAT(映画・音楽)

CDレビュー 浅井 博章
酸いも甘いも噛み分ける、ロック野郎の自信作
the HIATUS、椎名慶治、aki

監督インタビュー
『いのちの子ども』シュロミー・エルダール監督

テレビうらおもて 伊藤 悟
視聴者を「いじらなかった」児玉清さん

ひぐらし本暮らし 岡崎 武志
青山七恵『ひとり日和』

連載記事

原発ウォッチ! 伴 英幸
梅雨時の心配ごと
自閉症の僕が「生きていく風景」 東田 直樹
面倒をみてもらう時、僕の気持ちはみじめだった
ストリート・エコノミックス 浜 矩子
もうカンカン、カンニンならず
世界の当事者になる 雨宮 処凛
原発と戦後日本
コミック マムアンちゃん
ウィスット・ポンニミット
■ホームレス人生相談 父に優しく接することができません
学生時代くらいまでは、父とは何でも話せる関係だったのに、今は優しく接することができません。離れていると「次に会った時はちゃんと接したいな」と思うのですが。30代にもなって思春期みたいで、自分が嫌です。どうしたら優しく接することができるでしょうか。(30代/女性/会社員)

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『被災地 』に関連したバックナンバー

『震災 』に関連したバックナンバー

『NPO 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る