今月の人

岩村弘幸さん

手術の後遺症あるが、「2~3年は販売を続け、その後は就職先を見つけたい」

岩村弘幸さん

岩村弘幸さん(28歳)は、1ヵ月ほど前から渋谷駅東口東横のれん街前で販売している。生まれてすぐに患った水頭(すいとう)症の後遺症で、歩くと左足が少し遅れてついてくる感じだという。子どもの頃、医者からこう言われた。「20歳まで生きられるかどうか」
記憶力がよい岩村さんは、数字を正確に覚えている。1日の平均販売数は36・6冊、初めてビッグイシューを販売したのは2008年11月7日、といった具合だ。最初の販売は、大阪は堺東(さかいひがし)駅前で3ヵ月ほど。渋谷の前には、原宿でも3ヵ月販売した。原宿では1日15~20冊だったので、渋谷に移って着実に売り上げを伸ばしてきた。
岩村さんが販売を始めるのは、朝6時半頃。ネットカフェを出て、パンを食べ、タバコとジュースで「気合いを入れてから」販売場所に立つ。持ち場を離れるのは、夜7時過ぎだ。「今日も『朝早くから夜遅くまで、よくがんばりますね』と、お客さ...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 139号

139 号(2010/03/15発売)

特集耳すます

今月の人一覧