今月の人

石塚三男さん

まずは販売部数を伸ばすのが目標。 でも将来は、社会復帰して家を持ちたい。頑張らなきゃね

石塚三男さん

「世界のビッグイシューいかがですか? 各国のメディアで報道されているビッグイシューはいかがですか?」。東京は表参道、有名ブランドのショップが立ち並ぶこの街の一角で、笑顔を絶やさずビッグイシューを売り続けるのは石塚三男さん(48歳)。
「お暑いなか、ありがとうございます」、「お釣りですね。少々お待ちください」。お客さんに人懐こい顔を向け、手際よくやりとりをした後は、「ありがとうございます。お気をつけてお帰り下さい」と深々と頭を下げる。その礼儀正しさと慣れた接客風景に、ベテランベンダーかと思いきや、始めたのは今年7月からだというから驚きだ。
「もともと接客好きなんです。いろいろな人と話すのが楽しいし、子どもなら、表紙のキャラクターに合わせて声色を変えたりしてね。それを喜んでくれる顔がたまらないですよ。他にも、ここで立っていると、表参道という土地柄、外国人に道を聞かれることも多いんですよ」
とい...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 103号

103 号(2008/09/15発売)

特集FLY TO THE MOON。月に行く日

今月の人一覧