最新号・
バックナンバー

No.342

15周年記念特集 「ホーム」をめぐる7つのショートストーリー

“ホーム”には、家、家族、故郷、故国、住処、居場所、隠れ場所、収容施設、乗降場、発祥地、本場、本拠地、陣地……など無数ともいえる意味があります。ビッグイシューは15年間、仕事とビッグイシューの“ホーム”をつくり続けたいと願ってきました。
15周年を迎え、7人の作家の方々にお願いして、それぞれの“ホーム”を描いていただきました。2018年のいま、7つの“ホーム”についての物語を楽しみながら、あなたの“ホーム"を想像してみませんか。

遠く、近い、ホーム いしい しんじ

あのときの場所 柴崎 友香

三笠エス司 星野 智幸

雨漏りの音 長嶋 有

通り過ぎる場所に座って 津村 記久子

Goodbye Cruel World 阿部 和重

泣かないで 乃南 アサ

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー John Bird / Mel Young / Maree Aldam
創刊15周年へのお祝いメッセージ
リレーインタビュー・私の分岐点高泉 淳子さん
大学卒業後の83年、劇団「遊◉機械/全自動シアター」を結成。少年少女から老人までさまざまな人物を演じ人気を得て、02 年の劇団解散まで劇作も務めた、女優の高泉淳子さん。幼い頃から自由奔放に育ったせいか、小学校に入ってすぐ、決まった時間に登校する生活が苦しくなったと言います。そんなある朝、通学途中の高泉さんは“お豆腐屋さん”に出会います。果たして“人生の分岐点”となったお豆腐屋さんの生き方とは?

国際記事

米国とメキシコの国境に、壁ではなく“抱擁”を。 トランプ政権が加速させる「反移民戦争」
「移民の国」として創られた米国では、現在も約1200万人の非正規移民が重要な労働力を担っています。そんな中、メキシコとの国境付近では離別した家族が感動的な再会を果たし、人種差別的な政策を実行するトランプ政権に対して抗議活動が行われています。
WORLD STREET NEWS 世界短信

連載記事

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
―― 声を失った平和の番人たち
雨宮処凛の活動日誌
―― 「生産性で差別をするな!」8月5日、渋谷アクション
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
動物が苦手なことをどう伝えたら ☆スペアリブの醤油焼き☆
今回のお悩み相談は、38歳・主婦の方から。「近所の人が犬を飼い始めました。私は動物は苦手なのですが、その人は私と立ち話をする時に、いつも犬を抱っこしたままです……」。これに販売者さんは「じつは僕も大きな犬は苦手なんです」と共感を寄せ、相手への伝え方を一緒に悩みます。枝元さんからは、骨付き“スペアリブの醤油焼き”をご紹介!

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『15周年記念 』に関連したバックナンバー

『ホーム 』に関連したバックナンバー

『家 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る