最新号・
バックナンバー

No.323

“うつ”を抜く

今、うつ病の人は20人に1人。6〜7人に1人が一生に一度、うつ病にかかるとも言われる。96年に43万人だった「うつ病などの気分障害」の患者数は08年には104万人と、12年間で2・4倍になった(厚労省調査)。世界でも、2015年に3億2200万人(全人口の約4%)、05年から10年間で約18%増えている(世界保健機構)。
漫画家の田中圭一さん(京都精華大学マンガ学部専任准教授)はコミック『うつヌケ』で、自分を含め「“うつ”トンネルからぬけたミュージシャンや会社員など、17人それぞれの葛藤と回復の体験」をユーモアを交えて描く。
自身もうつ病を体験した精神科医の蟻塚亮二さん(メンタルクリニックなごみ院長)は、「うつ病の回復の基本は休息と対処技術」と語り、“低空飛行、物事の相対化、ともかく主義、トンズラ”などをすすめる。
お二人の“うつ”を抜く生き方を通して、休息の極意をつかみたい。

“うつ”は、性質がはっきりした妖怪。
抜け方は人それぞれ、出口は必ずある
田中 圭一さん

従来型と新型、うつ病は“生きたい病”
そこで自分を修正できれば、いいチャンス
蟻塚 亮二さん

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー リンゴ・スター
2017年7月7日に、77歳の誕生日を迎えたリンゴ・スター。9月にリリースした新アルバム『Give More Love』、音楽への変わらぬ情熱、若き日の思い出について語ります。
リレーインタビュー・私の分岐点西川 右近さん

国際記事

中国、若い世代に広がる“喪” 文化 皮肉に満ちた敗北主義を楽しむ
今、北京で若者に大人気のカフェチェーン「喪茶」、そのメニューは「一生窓際紅茶」や「元カレは自分より幸せフルーツティー」など。こうした自虐的なユーモアが流行する背景にある、中国のミレニアル世代がかかえる事情とは?
WORLD STREET NEWS 世界短信

国内記事

ワンダフルライフ:『動く家』で暮らす。1年余で日本一周、2万3000キロ 晴れたら観光、雨なら仕事、の生活プラン―― 國井弦さん・美乃里さん
会社を辞め、部屋を解約し、キャンピングカーへと乗り込んだ國井さん夫婦は、「日本一周」も二週目。夏の北海道から冬の九州へ向かう秋の一日、茨城に立ち寄った二人を訪ねました。

連載記事

被災地から
―― 福島県川俣町山木屋地区、避難指定解除からの半年
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
―― 「企」は何の「企」?
コミック マムアンちゃん
―― ウィスット・ポンニミット
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
自分に主体性がないと感じます ☆大根の芯の肉まき☆
誰もがファクトチェックに参加できる仕組みをつくりたい―― ファクトチェック・イニシアティブ
宇宙・地球・人間 池内了の市民科学メガネ
―― 日本の科学に未来はあるか?

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『ビートルズ 』に関連したバックナンバー

『リンゴ・スター 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る