販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

カナダ・バンクーバー『メガフォン』販売者 ピーター・トンプソン

今夏、熱波による山火事で故郷の村が焼失
人々のために捧げる祈り。政府や企業には目覚めてほしい

カナダ・バンクーバー『メガフォン』販売者 ピーター・トンプソン

61歳のピーター・トンプソンには3人の孫がいる。現在はカナダ、イースト・バンクーバーに住み、ホール・フーズ・マーケット前で『メガフォン』誌を販売しているが、元々はリットン先住民居留地出身だ。バンクーバーから車で約3時間、人口250人ほどの村リットンは、今年6月末に49・6℃という国内史上最高気温を記録し(※)、熱波による山火事で村の90%が焼失した。生まれ育った故郷への思いをトンプソンが語り始めた。

 思い出すのは、誇り、愛、喜び、幸福に満ちた、活気のあるリットンだね。この村の人は来る者を拒まず、助け合って生きてきた。
 夏には若者向けのキャンプがあって、魚釣りや食料の貯蔵法を学んだよ。缶詰、燻製、塩蔵――。作ったものは年配の人や障害のある人たちに持っていったりした。秋にはシカやヘラジカなんかを狩って、貯蔵する。そしてやっぱりみんなで分け合ったもんさ。
 僕が生まれたのは1950年代の冬...

続きは、本誌をご覧ください

Text:Peter Thompson, Megaphone/INSP

(雑誌情報)
『Megaphone』
1冊の値段/2カナダドル
(そのうち1.25カナダドルが販売者の収入に) 
発行頻度/月刊  
販売場所/バンクーバー、ヴィクトリア

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧