販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

アルゼンチン『エチョ・エン・ブエノスアイレス』販売者 ノエリア・コンテラス

30代で高校を卒業、「今の自分を誇りに思う」
自分の半生を語ることで路上の人々を励ましたい

アルゼンチン『エチョ・エン・ブエノスアイレス』販売者 ノエリア・コンテラス

 ノエリア・コンテラスは1985年4月、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから南に位置する町ゲルニカで生まれた。9歳の時に父を失い、その数年後に母も病に倒れて天に召された。やがて路上暮らしとなった彼女は、パートナーが投獄されたり、娘の一人が悪性腫瘍で死線をさまようなど、多くの困難をかいくぐってきた。
 常に何かと闘ってきた人生だが、コンテラスは30代で高校を卒業した。今、彼女の心にあるのは感謝だという。そして「自分の半生を語ることで、いま路上にいる人々を励まし、『信じる心を持つこと』の大切さを伝えたい」と話す。
 IDカードには36歳(取材当時)と記されているが、彼女は自分の年齢を37歳だと言う。「急いで年を取りたいわけじゃないんです、ただ私は前向きなだけ」と冗談を飛ばす。パートナーのリカルドとは22年間一緒に暮らし、4人の子どもと孫に恵まれた。
「子どもが生まれると、次から次へと新しいこ...

続きは、本誌をご覧ください

Text:Gabo Busteros, Hecho en Bs. As./INSP

(雑誌情報)
『Hecho en Bs. As.』 
1冊の値段/130アルゼンチン・ペソ。そのうち90ペソが、販売者の収入に
発行頻度/月刊
販売場所/ブエノスアイレスと、その近郊

(写真クレジット)
Photo: Eugenia Kais

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧