販売者に会いにゆく (旧・今月の人)

『ビッグイシュー台湾版』販売者 ジン・フェン・シウ

肉体労働で身体が麻痺、貯蓄も住む場所もなくなった。 何が起ころうとも、雑誌販売の仕事を続けるつもり

『ビッグイシュー台湾版』販売者 ジン・フェン・シウ

「2018年から『ビッグイシュー台湾版』の販売者になりたいと思っていたのですが、健康上の不安もあり、昨年5月からようやく販売を始めることができました。長く続けるつもりですよ」。台湾南部、高雄市で販売するジン・フェン・シウは決意を込めた声で、こう語る。
シウがシェルターにたどり着いたのは2年前のことだ。顔面の麻痺が原因で仕事ができず、自分で家賃を払って家を借りることが難しくなった彼に、市の福祉課がこのシェルターを紹介したのだ。だが3ヵ月後には脳卒中に襲われ、麻痺は左半身におよんでしまった。 「母は、私が生まれてすぐに、家族を置いて出ていったんです。そして、5歳の時には父も亡くなりました。ですから私は祖母に育てられたんです。その祖母も亡くなってからは、ずっと一人で生きてきました。いつも屈辱的な扱いを受けて、とても大変な人生でした……」。シウの声は次第に小さくなっていく。
配管工や電気技師の見...

続きは、本誌をご覧ください

Text:Yu-ruei Lu, The Big Issue Taiwan/INSP
『ビッグイシュー台湾版』
1冊の値段/100台湾元、そのうち半分が販売者の収入に
発行頻度/月刊
販売場所/台北市、高雄市など
Photo: Courtesy of The Big Issue Taiwan

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧