今月の人

『アイルランド・ビッグイシュー』販売者 ローザ

幼い頃から受け続けた、ロマのルーツに対する差別 難病で視力喪失、盲導犬と暮らす日々。お客さんの前向きな言葉や好意に力が沸く

『アイルランド・ビッグイシュー』販売者 ローザ

1998年、英国と北アイルランドの境界あたりで車上生活を送っていたローザは、一緒に暮らしていた母と祖母の元を去った。当時は15歳、家族から年のかけ離れた男性と結婚するよう迫られていたからだった。ローザの家系ではこうした先例があったが、愛のない結婚や人生のレールを勝手に敷かれるのは不本意だと感じ、家を出る決断をした。
ロマ民族のルーツをもつローザは各地を放浪していたため、学校に通った経験がなかった。親元を離れたものの仕事に就ける年齢ではなく、ビッグイシューについて販売者に教えてもらう機会があり、15歳で自らも販売を始めるようになった。パスポートや身分証を所持していなかったため福祉制度の対象にはなれず、販売者仲間とテントで暮らす日々。雑誌販売が唯一の生きる術だった。
「子どもの頃から、人前では『スペインやイタリア系の血筋だ』と答えるよう、しつけられていました。事実を伝えるのは厳禁だったのです。...

続きは、本誌をご覧ください

(Samantha B McMurdock, Ireland's Big Issue / INSP / 編集部)

Photos: Courtesy of Rosa Fearsaor-Hughes

アイルランドを訪問したローマ法王が、ローザと握手

『アイルランド・ビッグイシュー』
●1冊の値段/3ユーロ(アイルランド)または2ポンド(北アイルランド)で、そのうち半分が
販売者の収入に 
●発行頻度/3週間に1回 
●販売場所/ダブリンなどのアイルランド主要都市、および英国・北アイルランドの都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧