今月の人

スウェーデン『ファクトゥム』販売者 カルロス・ピサロ

軍事政権下、目の前で家族が射殺される 亡命、拷問、薬物依存、がん――出会った人たちが生きたいと思わせてくれた

スウェーデン『ファクトゥム』販売者 カルロス・ピサロ

スウェーデン第二の都市ヨーテボリのチャリティショップで「いらっしゃいませ!」と陽気な声が響きわたる。「入口の名物男」ことカルロス・ピサロは、ここで警備員の仕事をするかたわら『ファクトゥム』を販売している。今や客からも店のスタッフからも愛される存在になったピサロだが、生まれ育ったチリからスウェーデンにやって来るまで、そこには壮絶な人生があった。
ピノチェト軍事政権が始まるまで、ピサロの暮らしは平和だった。「チリでの生活は貧しかったけど、幼い僕にとっては楽しかった。市場のサラミをかっぱらって母からゲンコツを食らったのだって、いい思い出です」と笑顔で話す。しかし、1973年を境にピサロの人生は一変した。秘密警察が彼の家族を皆殺しにしたのだ。彼が19歳の時だった。「ずっと左派系の新聞を売っていたから、奴らは僕に目をつけていた。軍は、共産主義者や社会主義者の人間狩りをしていたんだ」
ピサロは、両親と...

続きは、本誌をご覧ください

(Julia Pliscovaz, Faktum / INSP / 編集部)

『ファクトゥム(Faktum)』
●1冊の値段/60スウェーデン・クローナ(そのうち半分が販売者の収入に)
●発行回数/月刊
●販売場所/ヨーテボリなど、イェータランド県の数都市

(写真クレジット)
Photos: Mario Prhat

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧