今月の人

山本新一さん

お客さんとの交流が楽しくなって、4年半も続いた ガラケーで常連客と連絡、SNSで交流も

山本新一さん

「ここは駅からまとまって人が出てくるので、売りやすいですね」。開口一番、そう話すのは大阪の京阪電鉄樟葉駅のくずはモール前広場に立つ山本新一さん(63歳)。もともと同じ京阪沿線の別の駅で販売していたが、昨年7月から同駅に売り場を移すと、売上は以前よりも好調のようだ。この半年で固定客もつき、隣駅から買いに来てくれる人もいるという。「今朝も2時間ほどで10冊が売れて、このあとの夕方からは一番売れる時間帯なので、今日もそこそこ、いきそうですね」と充実感をにじませる。
ビッグイシューの販売歴は4年半。今ではガラケー電話を携帯して常連客と連絡を取り合うほか、フェイスブックなどのSNSで交流なども行っている。以前の販売場所では自営業を営むお客さんのお店に招待されたり、市会議員と親しくなりイベントに呼ばれて雑誌を販売したこともある。そんな路上から広がるお客さんとの思いがけない交流やネットを介したつながりが...

続きは、本誌をご覧ください

(販売場所写真キャプション)
京阪電鉄樟葉駅前にて

(写真クレジット)
Photos:木下良洋

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧