今月の人

志村孝市さん

ビッグイシューだって値切られる大阪 けれど、「おおきに!」って言える大阪人になりたい

志村孝市さん

ビッグイシューさっぽろの自立第1号として一度は社会復帰を果たした志村孝市さん(57歳)が、再び販売者となったのは6年前。さすがに札幌には戻れず、ビッグイシュー大阪の門を叩いたが、内心はドキドキだった。「周囲の期待を裏切って自立に失敗したわけだから、怒られるのは覚悟していたけど、佐野代表に『大阪でまたがんばればいい』と言われた時はホッとしたよ」
北海道で生まれ育ち、札幌の引っ越し屋では20年働いた。ギャンブルの借金で路上に出るまでは、「引っ越し屋で一生暮らしたい」とさえ思っていた。そんな生粋の道産子が、第2の土地として大阪を目指したのは、温かい人情や安くて旨い粉もん文化などの魅力に惹かれたからだ。夏の暑さに根を上げて一度は札幌に帰ったこともあったが、周囲にあきれられながらもまた舞い戻り、今ではすっかり大阪に定着。現在は、地下鉄新大阪駅の4番出口付近で販売している。
「北海道では病気ひとつしな...

続きは、本誌をご覧ください

(写真クレジット)
Photos:木下良洋

(サブ写真キャプション)
地下鉄御堂筋線「新大阪駅」4番出口付近にて

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧