今月の人

『リアル・チェンジ』販売者 ヴァレリー・ウィリアムズ

有償インターンとして、仲間たちにアドバイス。 リアル・チェンジは販売者を育てる村のようなもの

『リアル・チェンジ』販売者 ヴァレリー・ウィリアムズ

ヴァレリー・ウィリアムズは、まさか自分がホームレスになろうとは夢にも思っていなかった。カリフォルニア州サンフランシスコで育った彼女は、そこでいくつかの仕事をしながら地域コミュニティの一員として暮らし、ガールスカウトの団長を務めたこともある。彼女の母親、妹と弟、それに彼女の成人した3人の子どものうちの2人は、今もカリフォルニアに住んでいる。
そんな彼女は18年前、仕事を求めて米国を北上し、北の街へとやって来た。太平洋岸北部随一の大都市シアトルは、マイクロソフトやニンテンドーが本社を置くなどIT産業が盛んで、経済も好調に見えた。「当時つき合っていた男性に、『シアトルへ行こう、向こうでは仕事があるらしい』と言われたんです。けれど、この街にたどり着いた時には、2人ともホームレスになっていました」
結局、ヴァレリーが仕事を見つけられたのは、ホームレスや失業中の人々のために就労支援を行うシアトルのチャ...

続きは、本誌をご覧ください

(Mike Wald/Real Change, www.INSP.ngo)

Photo: Real Change 『リアル・チェンジ』

●1冊の値段/2ドル(約220円)で、そのうち1ドル40セントが販売者の収入に。
●発行回数/週刊
●発行部数/約2万7千部
●販売場所/シアトル

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 316号

316 号(2017/08/01発売)

特集ここに“平和”

今月の人一覧