今月の人

『ビッグイシュー オーストラリア』販売者ブルーイ

無差別殺傷事件に巻き込まれ、PTSDに苦しむ 販売は正直きついが、人生は100%よくなった

『ビッグイシュー オーストラリア』販売者ブルーイ

ブルーイは、長い間PTSDに悩まされ、自殺を図ったこともある。薬物に救いを求めたが、結局は仕事を失ってホームレスになった。ビッグイシューの販売を機に、再び社会とのかかわりを取り戻しつつある。
「2年前、60歳になった頃、薬物乱用で死ぬよりは、何かましなことをしようと決めたんです。私は当時、本当にどん底で、坂道を転がり落ちるばかりでした。だから、自分に何ができるかと考えた時、たった一つ思いついたのが、ビッグイシューを売ることでした。それが結果的に、私にぴったりな仕事でした」
ブルーイは20世紀の半ば、緑豊かなアデレードで大家族に生まれた。中流階級に育ち、高等教育も修了したという彼は、オーストラリアや海外で営業、広告、サービス業の職に就いた。70年代にはベルリンに5年間住んだこともあるそうだ。
そんなブルーイの人生は、27歳のある日、一変する。無差別殺傷事件に巻き込まれ、大けがを負ったのだ。
...

続きは、本誌をご覧ください

(Chatherine Smyrk/The Big Issue Australia, www.INSP.ngo)
Photo: James Braund

『ビッグイシュー オーストラリア』
1冊の値段/7オーストラリアドル(約600円)。そのうち3.5ドルが販売者の収入に。
販売回数/2週間に1回
販売場所/シドニー、メルボルン、アデレードはじめ、オーストラリア全土の主要都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧