今月の人

英国、『ビッグイシュー』販売者 ダニエル・コリンズ

路上の経験を詩につづる 創作時間は、仕事に向かうバスの中

英国、『ビッグイシュー』販売者 ダニエル・コリンズ

 元シェフのダニエル・コリンズがソーシャルメディアや全国ニュースをにぎわせたのは昨年1月のこと。雑誌を買ってくれる常連客の一人に、毎回のおしゃべりや親切のお礼にサプライズで朝食をご馳走したのである。
 また、10月に英国ビッグイシューが創刊25周年を迎えた時には、ダニエルもSTV(スコティッシュ・テレビジョン)の特集番組に登場した。その中で、失業し路上生活を送っていた時期にこの雑誌があったおかげで人生を取り戻すことができたと、その半生を語った。
 スコットランド最大の都市であり、15世紀創立のグラスゴー大学を擁するなど文化・芸術都市としても知られるグラスゴー。その街の西端ですっかり有名となった彼は今、クリエイティブな面での才能も開花させている。最近、スコットランドの劇団「A Moment's Peace(ひとときの平和)」のコモングランド・プロジェクトに協力しているのだ。これは、土地・住宅...

続きは、本誌をご覧ください

Photos: Jassy Earl

『ビッグイシュー 英国版』
1冊の値段/2.5ポンド(約350円)で、そのうち1.25ポンド(約176円)が販売者の収入に。
販売回数/週刊
販売場所/ロンドンはじめ、英国の各都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧