今月の人

英国、『ビッグイシュー』販売者 ダニエル・コリンズ

路上の経験を詩につづる 創作時間は、仕事に向かうバスの中

英国、『ビッグイシュー』販売者 ダニエル・コリンズ

 元シェフのダニエル・コリンズがソーシャルメディアや全国ニュースをにぎわせたのは昨年1月のこと。雑誌を買ってくれる常連客の一人に、毎回のおしゃべりや親切のお礼にサプライズで朝食をご馳走したのである。
 また、10月に英国ビッグイシューが創刊25周年を迎えた時には、ダニエルもSTV(スコティッシュ・テレビジョン)の特集番組に登場した。その中で、失業し路上生活を送っていた時期にこの雑誌があったおかげで人生を取り戻すことができたと、その半生を語った。
 スコットランド最大の都市であり、15世紀創立のグラスゴー大学を擁するなど文化・芸術都市としても知られるグラスゴー。その街の西端ですっかり有名となった彼は今、クリエイティブな面での才能も開花させている。最近、スコットランドの劇団「A Moment's Peace(ひとときの平和)」のコモングランド・プロジェクトに協力しているのだ。これは、土地・住宅問題に関して、スコットランド全域にわたる市民的対話を促すアート・プロジェクトで、INSP(※1)もメディア・パートナーとして参加している。
 ダニエルは、脚本家兼演出家のルイス・ヘザリントンや他の3人の地元販売者と共に、詩作に取り組んだ。この5年間、グラスゴーでも往来の激しいバイヤース・ロードを自分の販売場所までバスで往復する間が創作の時間になってきたのだと話す。「いつも頭の中でいろいろな物語を考えているんだ。読書と音楽が好きで、学校での国語の成績はすごくよかったんだよ」
 4人の販売者全員が、創作ワークショップを通して住宅問題・ホームレス問題における自分たちの経験や捉え方を振り返った。ダニエルは、自然な言い回しとグラスゴーっ子の鋭いウィットをきかせて、自らの人生のさまざまな局面に触れた詩「過去・現在・未来」を書いた。
 一つひとつの作品に添えるため、ヘザリントンは、ダニエルたちの経験を象徴するようなポートレートを写真家に依頼した。結果は素晴らしいものだった。「発想としては、販売者たちが写真家や私自身と一緒に作業を進めることで、自分たちの詩の真髄を捉えようということでした」とヘザリントンは言う。「イベントは非公式な議論にとどまらず、土地、住宅そして路上生活に対する実際の対策をも促しました。これは、自分たちが考えている以上に自主性をもってかかわれる問題なんだと、みなが気づくチャンスなんです」
 グラスゴーのカフェやギャラリーから、ダニエルの詩やポートレートを飾らせてほしいという引き合いが相次いでいる。彼は今、次なる芸術構想を練っているところだ。グラフィック・ノベル(※2)の大ファンでもある彼は、実体験に基づいたキャラクターたちの漫画を描くという野望を抱いている。
「帰宅途中のバスの中で夢をふくらませてる。たとえば、ビッグイシューで連載を始められたら、とかね……。毎週、手書きの3コマのスケッチを載せるんだ」 

Photos: Jassy Earl

『ビッグイシュー 英国版』
1冊の値段/2.5ポンド(約350円)で、そのうち1.25ポンド(約176円)が販売者の収入に。
販売回数/週刊
販売場所/ロンドンはじめ、英国の各都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧