今月の人

英国、『ビッグイシュー』販売者 ラルフ

"英国のリヴィエラ"から、冬のフィンランドへ!ソリ犬との冒険の日々を送る

英国、『ビッグイシュー』販売者 ラルフ

 間違えないように。これはサンタクロースではない。写真に写っているのは、イングランド南海岸出身のビッグイシュー販売者、ラルフ・チャーチ(56歳)で、彼は今、スカンジナビアの大自然の中で犬ソリを操っているところだ。
 ラルフが数ヵ月前まで暮らしていたのは、イングランド南西部の小さな町トーキー。やさしい海風が吹くこの街は、“英国のリヴィエラ”と呼ばれ、小旅行を楽しみに多くの人が訪れる。
 失業をきっかけに7年間のホームレス生活を経験した後、ビッグイシューの販売者になったラルフ。雑誌の販売に全力を注ぎ、トーキーでたくさんのファンを獲得、ついに2014年クリスマスには1000ポンド(約14万7千円)を貯める。セーリングの心得があった彼は、そのお金で愛犬ジェスと一緒に住む小さな中古の船を購入した。「夢がかなった」と、彼は有頂天だった。
 しかし、2015年11月、ジェスは交通事故で命を落としてしまう...

続きは、本誌をご覧ください

Photo:Courtesy of The Bit Issue UK

『ビッグイシュー 英国版』
1冊の値段/2.5ポンド(約350円)で、そのうち1.25ポンド(約176円)が販売者の収入に。
販売回数/週刊
販売場所/ロンドンはじめ、英国の各都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧