今月の人

ノルウェー『=Oslo(エルリック・オスロ)』販売者 ラッセ・アンドレーアセン

ドラッグとアルコールの依存症だけど、今は立ち直ろうとしているところで、いい仲間もいる

ノルウェー『=Oslo(エルリック・オスロ)』販売者 ラッセ・アンドレーアセン

ラッセ・アンドレーアセンの人生は、20年間に及ぶドラッグ依存のせいで破滅状態だった。だが33歳の今、ドラッグを断ち、オスロでストリートペーパーの販売者という仕事についている。
『=Oslo』のソーシャルワーカーである筆者は、ラッセのことをしばらく前から知っていた。私たちはオスロのほぼ同じ地区の出身で、彼が普段『=Oslo』誌を売っているのは、私がいつも買い物をしている店の隣だ。雑誌を掲げていなければ、よくいる(少しばかり生意気な)オスロ郊外育ちの若者の一人で十分に通るだろう。いつも髪を整え、しゃれた服を着て、気取った笑みを浮かべている。
まず、簡単な自己紹介をしてくれるように頼んだ。
「名前はラッセ・アンドレーアセン。33歳。ドラッグとアルコールの依存症で、家族からはやっかい者だと思われている。だけど、今は立ち直ろうとしているところで、いい仲間もいるよ」
「電気技師になるつもりでオスロ商船...

続きは、本誌をご覧ください

Photo:Dimitri Koutsomytis

『=Oslo』
●1冊の値段/50ノルウェー・クローネ(約600円)、そのうち25ノルウェー・クローネ(約300円)が販売者の収入に。
●販売回数/月刊
●販売場所/オスロ

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧