今月の人

カナダ、『メガフォン』誌販売者クロード・ランヴィル

35年ぶりに絵筆をとった。 毎日が真っ白いキャンバスだと、目覚めるたびに感じる

カナダ、『メガフォン』誌販売者クロード・ランヴィル

1979年、18歳のクロード・ランヴィルはバンクーバーの高校を卒業し、自分のロッカーの片付けをしていたところ、見覚えのない紙切れが自分の持ち物の中に紛れているのを見つけた。それは、美術大学への奨学金が下りることを通知する手紙だったが、ランヴィルはどの美大にも、どの奨学金にも申し込みをした覚えはなかった。
「それは『あの道を選んでいれば……』と思うような、人生の分岐点の一つでした」と、彼は振り返る。おそらく先生の誰かが推薦してくれたのだろうと思ったが、早く働きに出たいと熱望していたランヴィルは、進学する代わりに家具職人となり、決して後ろを振り返ることはなかった。
そして時は過ぎ、2014年、50代前半になったランヴィルは、若い頃には想像もしなかったような人生を生きていた。アルコール依存症に苦しみ、ホームレスになっていたのだ。
「物事をうまくこなすことができなかった」と彼は言う。徐々に家具職人...

続きは、本誌をご覧ください

Photo: Carlos Tello

『メガフォン』
●1冊の値段/2カナダドル(約155円)、そのうち1ドル25セントが販売者の収入に
●販売回数/月刊
●販売場所/バンクーバー、ヴィクトリア

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧