今月の人

ドイツ、『ヘンペルス』誌販売者 ヨルグ・ワーケンチン

ストリート誌の記事がきっかけで、27年ぶりに妹と再会。 「必ずまた会えると信じていた」

ドイツ、『ヘンペルス』誌販売者 ヨルグ・ワーケンチン

ヨルグとマデレンの兄妹は、東西ドイツの国境に隔てられた後、27年ぶりに再会した。その糸口を作ったのは、ストリート誌『ヘンペルス』だった。
「ヨルグはずっと何年間も、私たちの心の中にいました。母と私はよく兄のことを話していました」と、マデレン・ワーケンチンは語る。32歳の彼女の傍らには、17歳年上の異母兄ヨルグが座っている。「僕も必ずまた会えると信じていた」と、喜びに顔を輝かせてヨルグは言う。
寒い冬の日、マデレン・ワーケンチンはリューベックに到着した。中世の頃、ハンザ同盟の中心都市として栄えたこの港町を訪れるのは初めてだと言う。「この町の美しい風景は、実はまだ見ていません」。再会するまで、彼女はとても神経質になっていた。「会う直前になって、ようやく再会が現実味を帯びてきました」。マデレンは教育者で、2年半前からパーダーボルンで児童のためのグループホームを経営している。
ほんの数ヵ月...

続きは、本誌をご覧ください

Photo : Heidi Krautwald

『HEMPELS』
●1冊の値段/1.80ユーロ(約200円)そのうち0.90ユーロが販売者の収入に
●販売回数/月刊
●販売場所/キール、リューベックなど、シュレスヴィヒ・ホルスタイン州の都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧