今月の人

米国、テネシー州ナッシュビル『コントリビューター』誌販売者 クリスティーナ・F

夫と二人でアラバマに戻り、家族を支える方法を見つけたい

米国、テネシー州ナッシュビル『コントリビューター』誌販売者 クリスティーナ・F

『コントリビューター』の販売を始めて2ヵ月になるクリスティーナ・F。シカゴで生まれ、13歳の時にアラバマ州に引っ越したと話す。
「ここテネシー州には、10年前に夫と2人で越してきました。テネシーで働かせてもらえるという話があったのに、いざ来たら仕事がなかったんです」
「私はアラバマで重度の産後うつ病にかかってしまい、初めての子を手放さなければなりませんでした。それで『思い切ってテネシーに行こう』と二人で決めたんです。新天地で再スタートを切れば、きっとうまくいくと思いました」
 ところが仕事の当てがはずれたため、テネシーで生まれた2人目、3人目の子どもも養子に出すことになった。
「1人目の子は自閉症で、夫の両親と一緒にアラバマで暮らしています。他の子たちもオープン・アダプション(※)だから、どんな家族に引き取られているのか知っているし、写真なども送ってもらえるんです」
 状...

続きは、本誌をご覧ください

Photo: The contributor

『The Contributor』
●1冊の値段/2ドル(約220円)、そのうち1ドル25セントが販売者の収入に
●発行回数/週刊
●販売場所/テネシー州ナッシュビルと、その郊外

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧