今月の人

小寺敏一さん

仕事ができる喜び、人と触れ合える楽しさ人並みの幸せを感じられるようになった。 この仕事はもう俺の最後の砦だね

小寺敏一さん

 手際よくシャリを握り、「はいよっ、鉄火巻き」。ビッグイシュー定例サロンで振る舞うと、「おいしい!」と販売者やスタッフに好評で、あっという間になくなった。握り手は、大阪・阪急茨木市駅西口でビッグイシューを販売する小寺敏一さん(68歳)。若い頃に寿司職人の修業を積み、料理の世界で磨いてきたその腕はまだ健在だ。
 大阪生まれの大阪育ち。子どもの頃から、農作業で家を空けることの多い両親に代わり、7歳下の弟のために食事をよく作っていたという。「祖父が養鶏所を経営していて、俺も小5ぐらいから鶏をさばいてた。平飼いの地鶏だから新鮮な砂ずりや肝は本当においしくて、よくつまみ食いしてたんだ(笑)」
 料理が好きで、中学校卒業後は調理師学校へ入学。「でも、学校休んで仲間とやんちゃなことばっかりしてたから、卒業があやうくなった。恩師のおかげでなんとか卒業させてもらえたんだけど、卒業後は1年ほど定職に就かず...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧